忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サチエ メーカー事務職、27歳。バツイチ。現在は新しい彼と順調に交際中。勉強熱心なメモ魔。

マキ IT会社事務職、34歳。バツイチ。彼と同棲中だけど、ケンカが絶えない。友達と「チーム婚活」を組み、コンパにいそしんでいたが、今の彼と結婚を決意。

ユリ メーカー営業事務。30歳。恋人いない歴、1年半。30歳になり、結婚願望や恋人ほしい願望が消え、ひとり生活満喫中。

マサコ IT会社SE、27歳。夫とは、出会って3週間で子どもができたスピード婚。出産をして、復帰。

マキ 今回課題図書として皆さんと話し合いたいのは、ベストセラーにもなった『超訳ニーチェの言葉』です。1ページ単位の構成で現代風に訳されているため、読みやすく、わかりやすいんです。ニーチェというと、難解な哲学というイメージがあったけれど、この本を読んでみたら、すごく共感できて、毎日の生活を送るうえでも役に立つと思えるところがいっぱいあったので、ニーチェを身近に感じることができました。

超訳 ニーチェの言葉

新品価格
¥1,785から
(2012/2/2 14:48時点)




サチエ 私もこの本、すごく好きです。仕事で悩んでいるときに読んだのですが、そのときの心境にぴったり合う言葉がたくさんあって。好きな言葉を縮小コピーして手帳に貼り、何度も読み返しながら心の支えにしていた時期もありました。

マキ そんな『超訳ニーチェの言葉』から恋愛にも活用できそうな言葉を選んでみました。

 まずは「必要な鈍さ」という項目。

 「いつも敏感で鋭くある必要はない。特に人との交わりにおいては、相手のなんらかの行為や考えの動機を見抜いていても知らぬふうでいるような、一種の偽りの鈍さが必要だ」と。あえて鈍い感じでいることが、社交のコツだし、人へのいたわりにもなるというんですね。

 これって、「鈍感力のすすめ」みたいな感じがして。
 この鈍感力って、恋愛のシーンでも大切な気がしたんです。

博士 確かに。敏感で、常にいろいろなことに気付いちゃって、その結果「ダメじゃん。こうしたほうがよくない?」と、ついついダメ出しや口出しをしてしまうタイプの人は、見てみないふりをするような鈍感力、ニーチェの言う「偽りの鈍さ」を身に付けたほうがいいでしょうね。そのほうが、モテる女子になれると思いますよ。

 ちょっと考えてみてください。「机の上もう少し片付けようよ」とか「コピーは両面印刷でしょ!」などといつもダメ出しをする人、「先の尖った革靴とかありえない。格好悪すぎ」とズバズバ切ってしまう人、「本当は、こう思っているんでしょ」と鋭い探りを入れてくる人に対して、男性が「彼女といると心が安らぐな」とか「居心地がいいな」と感じると思いますか? 

サチエ うーん。ちょっと安らげそうにないかも。

マキ ちなみに、鈍感力のあるモテ女性って、どんな人なんでしょう?

博士 例えば、亡くなった俳優の勝新太郎さんの妻・中村玉緒さんのようなイメージですかね。

マキ えええっ。中村玉緒さんがモテ子なんですか!?
相手を切り捨てるような物言いは、男性も切り捨てる

博士 あくまでもイメージですが、中村玉緒さんって夫が破天荒なことをしたときでも、「ええんじゃないの。やりたいようにしなはれ」とどっしり構えて受け入れる感じがしませんか。何日か夫が戻って来なくても「そのうち帰ってくるでしょう」とか言いそうだし。夫のすることをありのままに受け入れ、決してダメ出しや口出しをしない女性って、男にとってはとても魅力的なんです。

マキ 芸能人の「癒し系」と言われるタレントさんたちも、「男がすることをおっとりと受け入れてくれそう」という意味で人気が高いってことなのかな。

博士 一方で、バラエティ番組などで「ああいう男って、ダサくて許せないよね」「そういう態度、ありえない」と男性を厳しい言葉で批評し、メッタ切りするようなタレントさんたちは、男性から敬遠されるでしょうね。近づいて行ったら、辛辣な言葉でバッサリ切られてしまいそうで怖いですからね。

 恋愛に限らず人間関係をうまく築くためには、鈍感力が実はとても大切なんです。ここで言う鈍感力とは、相手を批評したり否定したりせず、相手のダメに見えるところもそのまま受け入れたり、許したりする力です。

 こちらが鈍感でいることで、相手は素を出してくれます。相手に「この人は味方だ」と感じさせることもできます。だから、「この人と一緒にいると居心地がいい」と思ってもらえるんですね。

 鈍感力が高い人は、友達も多い。人望がある人も、鈍感力が高いですね。

マキ 日ごろの生活の中で、上から目線で「あの人って、こういう人だよね」と人を批判や批評することって、やってしまいがちだけど、考えてみれば、批判ばかりする人と付き合うと「私も言われちゃいそうで、怖いな」と警戒しますよね。ちょっと反省。

博士 批判しがちなのは、いろいろなことが目に付いてしまうからでしょう。そういう意味では、「敏感で鋭い切れ者タイプ」なんでしょうね。けれどそれを前面に押し出してしまうと、人から「厳しい人」に思われてしまい、その結果自分と同じ考えを持った人だけとしかつながれないか、もしくは誰も寄って来なくなってしまう。

 鈍感力のある人は、人を批判しないから相手を傷つけることはありません。また、特徴がないようにも見えるので、「私と同じ考え方の人かも」と相手に思ってもらいやすいんです。いろいろな考えの人たちと一緒にいられる間口の広さがあるんですね。

 ただし、たくさんの人が集まってくるような人気者になるためには、ただ鈍感なだけではダメで、その人自身に価値がないといけない。なんの価値もなく、ただ特徴がなくて鈍感なだけだと、「そこに居ても居なくてもわからない」という存在になってしまうからです。

サチエ ちなみに鈍感力のある人には、「もともと気持ちを察する能力が低くて鈍感な人」と「切れ者だけど鈍感力を発揮している人」がいるんでしょうか。
「気付かないふり」はモテ女子への近道

博士 いい質問ですね。サチエさんが言うように2つのタイプの人がいると思います。前者のタイプは、傷付きにくいんです。例えば嫌味を言われても察する能力が低いため、嫌味自体に気付かない。だから傷付くことも少ない。そのかわり、何を言われてもけっこう平気だったり、傷付いた体験が少なかったりする分、デリカシーのないことを言ってしまったりして人を傷付けてしまうこともあるかもしれません。

サチエ そっか。じゃあ、切れ者だけど鈍感力のある人のほうが、よさそうですね。

博士 例えば、「年を取って丸くなったね」と言われるような人は、切れ者だけど鈍感力も備わってきた人でしょうね。何か助言を求めたときに、「まあ、失敗してもいいんじゃない? やってみたら」と答えるような人です。自分もいろいろ経験してきて全部わかったうえで、あえて鈍感力を発揮したアドバイスをしているのでしょう。

マキ そういうのって、包容力を感じますね。例えば、上司がそういう人なら安心感を持って仕事に取り組めそう。

サチエ 恋愛でも、相手のアラがいろいろ目に付いちゃったとしても、気付かないふりをして流せるようになれたら、男性に安心感を与えることができるかも。「彼女といると癒される」って、そういうことなんでしょうね。

 仕事を頑張っている人ほど、鈍感力を見直したほうがいいのかも。仕事ではものごとをテキパキ処理しなきゃいけないから、人をバッサリ切ってしまうような物言いなどの「キツめの私」が板に付いてしまっているところがあるような気がするんですよ。

博士 誰しも、ありのままの自分を受け入れてほしいと心の底で思っていますよね。相手のダメに見えるところもそのまま受け入れたり、許したりできるような鈍感力を身に付けることができたら、恋愛でも、仕事でも、友達関係でもモテる女性になれるんじゃないかな。

マキ 目指せ、中村玉緒さん! 包容力のあるモテ女子になるぞー。
PR

 あなたが恋人にするなどっち?

 すごい美人で性格が悪い。外見はそれほどよくないけど、性格がいい。こうした問いはよく耳にしますが、前者を選んだ人がよく言われるのが「美人は三日で飽きるよ」という言葉。つまり、内面を重視したほうがいいよというアドバイスなのですが、はたしてこの言葉は本当なんでしょうか?

恋愛を学問として研究、大学では講義も持っている早稲田大学の森川友義教授。ズバリ、この疑問に答えてくれました。

***

本日のテーマは、「美人は三日で飽きる」という都市伝説についてです。昔からよくいわれることですが、男から見て、本当に美人は三日で飽きてしまうのでしょうか?

結論から申し上げますと、そんなことはありません。おそらくこれは美人でない人々が作った嘘でしょう。しかし、話はそれほど単純ではありません。恋愛の本質に関わる問題に触れるものですので詳しく解説します。

私たち男は女性の見かけの良さを追求しがちですが、実はこれは私たちのDNAに根ざした欲求なのです。すなわち見かけの良さが体臭の良さ、性格の良さ、卵子の良さに連動しているので、男が女性の見かけの良さを追求することは、恋人選びの手段としては当然のことなのです。

しかし、美しさを「消費財」としてとらえると、経済学でいう「限界効用逓減(ていげん)の法則」が成り立ってしまうのも事実です。これは、ひとつのものを消費すればするほど、満足度は低下するという法則です。ビールの1杯目はおいしくとも、2杯目、3杯目と満足度は減ってしまいますよね。

その意味においては、確かに美人も毎日見ていると飽きてきてしまうのかもしれません。三日では飽きないにしても、徐々に満足度が薄れてくることは否定できません。

一方、「美人は三日で飽きる」とセットで昔から語られる言葉に「ブスは三日で慣れる」というものがありますが、おそらくこれも美人でない人々が作った嘘でしょう。ただし、ここで問題なのは、「美人は三日で飽きる」のと「ブスは三日で慣れる」のとでは、あたかも後者のほうがいいかのように語られているところです。

しかし、美人にいくら飽きようと、またブスにいくら慣れようと、両者の魅力度が逆転することはありません。ですからどんなに慣れてしまおうとも、前述したように男は女性の見かけの良さを追求すべきなのです。

しかし、ここで問題が発生します。どんなに見かけが良くても飽きてしまう以上、恋愛なり結婚なり長期的関係を望む場合には見かけ以上のものが必要になるということです。恋愛なり結婚で飽きさせない資質、つまり限界効用が逓減しない資質が恋愛には不可欠になるのです。
匿名掲示板サイトの「2ちゃんねる」で、おもしろいコピペ(コピーされて使いまわされる文章)を見つけました。
コピペから学ぶ、男女の典型的なすれ違いを笑いながら見てみましょう。
その1:「女という生き物、男という生き物」
「女という生き物」
うん。=いや。
いや。=うん。
たぶん。=だめ。
私たちに必要よ。=私が欲しいの。
あなたが決めて。=答えはもう分かってるでしょ?
話し合いましょう。=文句があるのよ。
それでいいわよ。=私は不服よ。
この台所使いずらいわ。=新しい家が欲しいの。
私のこと愛してる?=買いたいものがあるの。
もうちょっとで準備できるんだけど。=言っとくけど,ずいぶん時間かかるわよ。

「男という生き物」
ハラ減った。=ハラ減った。
眠い。=眠い。
疲れた。=疲れた。
うん。その髪型いいね。=前の方がよかったな。
その試着した服良く似合うよ。=なんでもいいから早く選んで,家に帰ろうよ。
映画でも見に行かない?=終わったらエッチしたい。
晩ゴハンでもどう?=終わったらエッチしたい。
退屈だね。=エッチする?
愛してる。=エッチしよう。
俺も愛してるよ。=よし。言ったよ。さあエッチしよう。
(引用:「面白2chまとめ|女という生き物・男という生き物」より)

○ 女のめんどくささ、男の単純さがよく現われているコピペですね。
「たぶん=だめ」には感心してしまいました。

たしかに女は、本音を隠して会話をします。
それは、答えそのものが知りたいのではなく「男がどう考えてくれるか」を判断するために駆け引きをしているのです。

男も駆け引きが好きですが、相手に試されている駆け引きは嫌います。彼らが好きなのは、駆け引きをして相手を支配する瞬間です。
だから男は結果を出すことを急ぎます。もう少しいろいろなことを考えてほしいものです。

その2:車のバッテリー
女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『…ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
女『何で?』
男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
女『何の?』
男『え?』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『いや別に怒ってはないけど?』
女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
男『だから怒ってないです』
女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
女『何が大丈夫なの?』
男『バッテリーの話だったよね?』
女『車でしょ?』
男『ああそう車の話だった』
(引用:「ニュース2ちゃんねる|男「ライト点く?」女「何で?」男「バッテリー上がってるかも…」女「何の?」男「ん?」女「ん?」 男女の脳の違い」より)

○ これは「男女の会話の噛み合わなさ」を皮肉ったコピペです。
女の“共感してほしい脳”と、男の“解決したがる脳”を表わすよい例文ですね。

このコピペには、もうひとつ男女の本質が隠されています。
そもそも女は「用事を済ませる」ために男に電話をかけているのです。車の修理をする気なんてありません。
たびたび「今日は○○まで行かなきゃならないから」「○時待ち合わせだから」と、目的を漏らしていますね。女は「気を利かせてあなたの車で送ってよ」と思っているのです。
しかし男はこのときいかに車を修理するかに夢中なので、女の本音なんて考えもしません。
なかなか察してくれない男に、女がイライラする様子まで伝わってくる秀逸なコピペですね。

コピペのふりみて我がふり直しましょう
いかがでしたか?
女性のめんどくささが痛いほど分かりますよね。
コピペ女のように叩かれないためにも、素直な発言を心がけたいと思います。
そして、気が利かない男性と出会っても、「ぷっ、まんまコピペ男だな」と微笑ましく感じることができそうです。
お互いさまの精神で、本音を言い合えると良いですね。
様々な場所で何らかのきっかけで出会い、いつしか付き合うようになるというのが恋愛。ただ20代後半ともなると、仕事絡みの出会いが多く、利害が絡みがち。損得勘定抜きで、純粋にただ付き合えるのは、やはり元々友達だった関係との男子でしょう。

最近著者の周りで、1~2年間男友達だった関係(!)から発展する恋愛がちらほら見られるようになり、その良さというものについてリサーチしてみました。

その前に素朴な疑問

それにしても色気の発生しない「友達ステータス」を一気に飛び越えて、どうやって恋愛関係にいたっているのでしょうか。「そこがよく分からない」「想像できない」という人は多いよう。
人は初対面から「この人は付き合える」「この人とは付き合うの無理」などと、相手との関係性を決めるというように言われていますが、1~2年以上友達として定期的に関わっていると、その相手の良さを知ってきます。深い内面まで知るようになれば、突然告白された場合にびっくりはするものの「アリだな」と思ってしまうよう。


どんなところがイイ?

1、長年知っているから安心

身元も確か(笑)ですし、長きに渡って関わっているので、どんな相手かも分かります。気兼ねもありません。逆に付き合い始めてから、関係性が変化したためか妙に緊張することはあっても、適度なドキドキは恋愛には必要不可欠なので、問題ありません。


2、共通の話題がある

共通して話せることがあるから、友達期間を過ごしてきたわけです。親和性がないのに、長く一緒にいることは難しいでしょう。友達ステータスの頃から話してきた話題で、引き続き盛り上がることができます。


3、セックス時に燃える

何度も言うように、元々は友達関係です。その相手とセックスするなんて、実際に想像したことなど皆無だったと言えます。その状況にぐっと来るのだとか。最初から恋愛スイッチが入って見つめていた相手とセックスするよりも、ドキドキしてしまうようです。


4、仕事のことを理解してくれやすい

長く知っているからこそ、仕事に理解があります。特に社会人になってから、友達とは仕事の話をちょくちょく話すもの。「俺と仕事どっちが大事なの?」などという、バカなことを言われて引くこともないでしょう。

5、周りを味方につけられる

元が友達関係であれば、彼の周りの人ともつながっていることが多いでしょう。恋の始まりも祝福されますし、何より周りを味方にできるのは心強いところです。


最後に

長く一緒にいたからこそ、刺激は少ないかと思いきや、そんなことはありません。安心感とドキドキはつながっていません。まったく別のものです。男友達から彼氏に発展コース、オススメです。





ずっと彼氏がいなくて「2012年こそは!」と意欲を燃やしている女性は多いかもしれませんね。

しかし、これまでに髪型やメイクなど一生懸命努力しているにもかかわらず、なかなか報われないという場合、「彼氏は欲しいけれど、一体どうすればモテるのかわからない!」という悩みが深いことでしょう。その努力、実は方向性が間違っているかもしれませんよ。

そこで今回は、仏文学者・鹿島茂氏の著書『悪女の人生相談』をベースに、モテモテになるためのヒントを紹介します。

悪女の人生相談 (講談社文庫)

新品価格
¥660から
(2012/1/1 23:57時点)





鹿島氏によれば、男性からモテない、ずっと彼氏がいないという悩みを抱えている女性にオススメなのは、エロ系といわれる男性誌やマンガ、ビデオ、DVDなどを研究すること。

というのも、女性がモテない最大の原因はフェロモン不足。つまり、男性を魅了する色気が欠けていることなんです。

「そんな身も蓋もない……。私だってもっとナイスバディに生まれたかったよ!」という人でも大丈夫。ルックスやスタイルは男性にモテる絶対条件ではありません。男ウケする色気というのは、実は学習して身につけることもできるのです。

その点、男性向けエロ・メディアは、学習教材としてうってつけ。なんせ、男を興奮させるために作られた男のファンタジーの宝庫なのですから。

男性向けエロ・メディアは、女性にとってはちっとも面白くないかもしれません。男性ウケだけを意識して作られたものですからある意味当然です。

「なんで、男はこんなものに夢中になるのだろう。男って本当にバカだ」と違和感を持つこともあるでしょう。

しかし、違和感があるということは、あなたが男目線を理解できていないということも意味します。男の欲望を忠実に再現したエロ・メディアで、男が発情するシステムをぜひ学ぶべきです。

“敵を知り、己を知らば、百戦して危うからず”と言いますが、エロ・メディアで男の欲望を研究し、自分に欠けているものを理解して男のファンタジーを演出できるようになれば、あなたは男性から見てフェロモン全開でモテモテになること間違いありません。

見かけは至って平凡なのに、男ウケはやたらいいという女性がいますよね? 彼女らは、先天的もしくは後天的に男のツボを心得ているからモテまくりなんです。

逆に、顔やスタイルがいくら完璧でも、男のツボをはずしていれば、不思議なくらい男性からモテません。

あなたがモテようといくら頑張っても報われないのは、女目線での理想像を目指しているせいではないでしょうか。同性から「素敵!」と称賛されたいだけならそれでもいいのですが、男性に本当にモテたいなら、方向転換するべきでしょう。



いかがでしたか? 男性向けエロ・メディアは、お店などで手に取るのは恥ずかしいかもしれませんが、今ならネット通販で誰にも知られずにこっそり入手することも可能です。

非モテに悩む女性は、今すぐ男性向けエロ・メディアで男目線を研究しましょう!



スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30