忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人が結婚すると聞いて、途端に結婚に焦りを感じる……。周囲で結婚が増えてくると、妙に落ち着かなくなる人もいるのでは? 友人は友人、自分は自分と思いながらもどうしても焦ってしまうこの気持ちをどう処理すればいいのか……。先週に引き続き恋愛・婚活のスペシャリスト、オーネット・マーケティング部広報グループマネージャーの平川ゆかりさんに話を聞いてみた。

焦りを感じたら「結婚計画」を見直すこと  特に女性の方がそういう体験をしたエピソードを聞く人が多いのだが、友人の結婚が決まるとどうしても焦ってしまう場合、どうすれば、焦る気持ちを整理できるのだろうか。

「やっぱり、多くの人は結婚したいと思っているので、友人の結婚が決まって焦るのは当然です(笑)。ただ、それを機に、結婚しない人生と結婚した人生を想像してみればいいんです。それで、自分の結婚計画を見直す機会にするんです」(平川さん)

 結婚とは、一人で生活するものではなく、二人で暮らしていくもの。だから、一人のときの方がしがらみも少ないし、やりたいこともできる。その点を考慮して、今自分に結婚が必要かどうか、一度、結婚計画を見直してみることが、焦りをコントロールする秘訣のようだ。

パートナーに「いつ結婚してくれるの?」という言葉はNG  同じ焦りでも、今述べたような漠然とした焦りではなく、恋人がいるのに、その恋人が全然結婚する気がないため焦りを感じる人も多い。そんなときはどうすればいいのか。

「多くの男性にとって、結婚後のデメリットと感じていることは、『自分の時間がなくなること』と『お金が自由に使えなくなること』です。このあたりを女性の方から男性にコミュニケーションを取って、彼の不安を取り除いてあげれば、結婚までの道のりは近いのではないでしょうか。だから『いつ結婚してくれるの?』と問い詰めるのはNG! 『結婚しても、私も働くからお金の面は大丈夫』、『結婚しても、お互い趣味の時間は尊重しようね』など、彼の不安をなくすような話をするのが大切です」(平川さん)

 どうやら焦ったときほど、先々のことを考えて冷静に対処することが、幸せへの近道のようだ。さて、さまざまなハードルを乗り越えて、いざ結婚となってもやはり「この結婚が長く続きますように」と願う人は多いのでは? 



PR



気になる彼へ一生懸命に連絡をしている時には反応が薄いのに、こちらからのアクションをピタリと止めた途端に、彼からアプローチされるようになったなど、男性の行動に疑問を抱いた経験をお持ちの独女も少なくないだろう。
女性の心も移り変わりが早いと言うが、男性の行動も結構読めないものだ。

男性にはもともと狩猟本能によって、女性を追いかける習性がある。
その心理を巧みに突いて法則化した「THE RULES(ルールズ)」は、発売以来、男性を射止めたいアメリカ人女性たちにたちまち支持され、各国で翻訳されると、世界中の恋に悩む女性達の力強い味方となっている。

そんな「ルールズ」にもオンライン版が存在しているのはご存じだろうか。
ルールズでは、実際のデートで活用して幸せになる法則が紹介されているのに対して、「ルールズ オンライン・デート編」では、インターネット上での出会いの場で、ルールズを応用することで、幸せになることを目的としている。

オンラインで婚活する女性が増えた昨今では、このルールズは便利なツールとして、結婚をしたい女性達の味方になることができるのだろうか。
実際に、オンライン版ルールズを試してみたことがある女性たちに話を聞くことができた。

インターネット上での出会いで、「特別な女性」でいるために、「登録内容は簡潔に」「返信するのは24時間たってから」「週末・祭日はメールを送らない」が鉄則のオンライン版ルールズ。
いかにも怪しい雰囲気を醸し出ているのだが、それが「大正解」だと言うのは、手足がスラリと長い容姿端麗の敦子さん(33 歳)。彼女はルールズを心酔するルールズ・ガールのひとり。

・ミステリアスな女性であれ!
結婚を匂わした途端に、男性に逃げられてしまった悲しい経験があるという敦子さんは、「ルールズにあるように、彼とデートしていない時には、自分の時間を楽しむことに集中していました。まるで彼がいなくても平気とばかりに、私からは、彼に一切連絡をしませんでした。
そうしたら、デート5回目でプロポーズされました(笑)」とのこと。
現在その彼と婚約中だという敦子さんだけに、説得力がある。
「手に入りそうで入らない」、「何を考えているのか気持ちがわからない」など、いつの時代にも男心を翻弄する女性の“ミステリアス”な部分は、男性を夢中にさせているようだ。

・あなたに興味のない男性は、追いかけるな!
また、ルールズを実践することで大切なことも学べるというのが博美さん(37歳)。

「相手からのメールを24時間経ってから返すようにしていると、自然と私に本気じゃないなと思う相手はいなくなりました。気軽な遊び相手を探している男性は、焦らすとほかの女性に逃げていきますね」とコメント。
オンラインともなれば、相手の男性の本気度を量るのは至難の業だが、本気ではない相手と時間を無駄にするのは論外である。
だからこそ、ふるいをかけるという意味で、気楽にルールズのエッセンスを取り入れてみるといいのだろう。

・心に余裕を持て!

結婚紹介サイトであるyoubride
で現在も実際に活動を続けているオンライン婚活中の玲子さん(29歳)は、ルールズを実践することで、自分自身を成長させるきっかけとなったようだ。
「日本男性ってシャイな人が多いので、不安な持ちを抑えられずに、彼を束縛しようとしてしまいつい感情的になってしまうことが多かったのかもしれない」と、過去の自分を振り返りながらコメントしてくれた。

感情を抑えるのは大変難しいが、そもそも男性にそこまでのめり込まずに自分の時間を謳歌していれば、彼に対しての独占欲とは無縁の女性でいられるのだろう。

また男性の友人2名に「返信するのは24時間たってから」というルールズについてどう思うかを聞いてみたところ、「メールの返信を待っている間はドキドキして気持ちが盛り上がる(33歳」」という回答がもらえた。逆に「すぐに返信がないと脈がないと思ってしまう(29歳)」と、意見は分かれたがすぐに引いてしまう男性なら今後も進展が見込めない可能性も否定できない。
登録をしたら沢山の男性と知り合うチャンスがあるオンライン婚活であれば、ここで男性の本気度を推し量ってみるのもひとつの手なのかもしれない。

男性の本気度を確かるチャンスと、自分自身の成長にも繋がるルールズ・メソッドなら、気軽にトライしてみる価値はありそうだ。
「男性の気持ちが読めない」と、悩みに明け暮れている時間があれば、早速オンライン婚活サイトyoubride
でルールズ・メソッドをトライしてみてはいかがだろうか。あなたの未来が、明るいバラ色になることを願っている。
独女通信 09月10日14時00分

ルールズ オンライン・デート編 (ワニ文庫)

新品価格
¥690から
(2010/9/12 17:15時点)






私立女子高出身の私の周りにはお金持ちのセレブ妻だらけ。
医者や弁護士の妻も当たり前のようにゴロゴロいる。
普通のサラリーマンと結婚した私は時々考える。「彼女たちとはどこで道が分かれたのか?」と。

長年の観察によれば、セレブ妻になりたければ「お金持ちのそばにいる」というのが第一条件。
セレブ娘は、お金持ちが身近にたくさんいる環境で暮らしている。実際セレブ妻たちは、セレブ娘である場合が多い。
だからその場所にいる女性は「動いてはいけない」のだ。ただし、これは「階級上昇を伴わない」セレブ妻の場合。

エッセイストの酒井順子さんが私立女子高には「負け犬が多い」と言っていらしたが、これはお金持ちのセレブ娘たちが「キャリア」や「真実の愛」「自己実現」などをめざして「居場所を動いた」ために起こった現象であると私は思う。

一方、「階級上昇を伴う」セレブ妻は二タイプ。
まず夫とともにお金持ちになっていくケース。成功した有名起業家などにインタビューをするとき、「彼らの妻はどんな女性なのか?」に好奇心が動かないわけがない。しかしあっけにとられるほど「普通の女性」が多く、だいたいは内助の功を貫いている。
このケースのポイントは「運と時期」。
まず夫がお金持ちになる前に結婚していることだが、これには二十代で結婚することが必要になる。相手の未来を予知できる眼力があればいいが、そうはいかない。多くの場合が同じ部署の銀行員同士などとして結婚し、たまたま夫が転職したり起業したりでセレブ妻になる。
彼女たちにある資質は「運」と「夫が何をしようとあわてず騒がず、ついていく」広い度量である。

そしてもうひとつが、すでにお金持ちのセレブ男をゲットして階級上昇を遂げるケース、いわゆる「玉の輿」。
これが一番知りたいところだろう。
この手の結婚が多いと評判の某航空会社の元CA(キャビン・アテンダント)に聞いたところ
「まずはブレないことでしょう」
彼女によれば容姿は関係なく、「私はセレブ妻になる」という強くてブレない信念がものを言い、CAという「セレブのそばに行ける」場所を得て開花するらしい。

実はセレブ妻たち、というより「モテる女性」が一番こだわらないのは男のルックス。
自分を好きになってくれて、惜しげもなく愛情を注いでくれる男性を、「素直」に好きになれることも、セレブ妻になるための重要な条件だ。

そしてもっとも大切な条件が「本能」だ。
あるセレブ外国人妻の集いで、某有名セレブ外国人妻として幸せに暮らす女性に、なぜ彼と結婚したのか聞いてみた。
「だって同じ子供を生むなら、遺伝子が優秀なほうがいいじゃないですか」
 とサラリと言われ、目からウロコが......計算ではなく、「遺伝子的に優れた子孫を残す」という動物の本能に従っているのである。
「お金持ちセレブ妻」は計算高いと言われもするが、それはなれなかった人のひがみ、むしろセレブ妻は「計算」とはほど遠い。セレブ妻になりたかったら、「本能を磨け」。これに尽きると思うのだ。

セレブ妻になるための五カ条
1. お金持ちのそばにいる
2. 運と度量と若い時期の結婚
3. セレブ妻になるというブレない信念
4. お金を愛情に変換できる装置
5. 野生の本能を信じる

セレブ妻になれる人、なれない人 ― 年収1000万円以上の男性と結婚できる人の小さな習慣

新品価格
¥1,400から
(2010/9/11 14:50時点)







23年間まったく男に相手にされなかった負け組女が、たった半年で13人の男性に告白された!究極の恋愛術!【モテない女からモテる女へ~5分で男に恋をさせる魔法~】


 「年収1000万オーバー希望の婚活女子のみなさんへ」という、はてな匿名ダイアリーでの書き込みがネット上で話題となっている。

 筆者は、放送・通信業界に身をおく、36歳の男性。話の要点は、自分の周囲にいる年収1000万円以上の男性はたいてい浮気をしており、年収で選ぶだけで良いのか、という問題提起している。その上で、35歳時の年収650~850万くらいが個人的には断然おすすめだ、としている。

 「そうだろうね」という賛同や、「でもこの男たちって、家に帰れば相当いい彼氏いい亭主なんじゃ? たぶんバレないようにいろいろ工夫してるだろうし」という意見から、「年収はあんまり関係ないと思うけどな」というものまであった。

 プレジデント誌によると、20歳から49歳までの「バツなし未婚男」の中で年収1000万円以上の割合はわずか0.4%となっている。その宝くじを求めた女性たちが日々、レッドオーシャンを泳いでいる。









さまざまな「婚活」イベントが行われている昨今。
結婚を見据えた出会いの形は多様化したように思います。
ところで、男性の台詞で「付き合いたい女性と結婚したい女性はちょっと違う」という話を聞いたことありませんか? 多くの場合、家庭的な女性が結婚したい女性のような気がします。
では、女性にも結婚したい男性と付き合いたい男性には違いがあるのでしょうか。
もしその違いが具体的に分かれば、婚活に励む男性の大きなヒントになるかもしれない。ということで、結婚を真剣に考える女性陣に、付き合うだけでは終わらない「結婚したいと思う男性」の基準を聞いてみました。


■収入が安定している・安定した企業に勤めている(26歳/メーカー勤務)

「やっぱり何十年も一緒に暮らすとなると、経済的な不安は絶対いや。高収入ではなくてもいいので、"安定"していてほしい。起業をめざしている人や転職を考えている人はどうしてもためらってしまう。仕事や会社には多くを求めない人の方が、結婚相手としては安心かも」

今回取材した女性のほぼ全員が収入面を一番に挙げました。
実に夢のない結果! でも、お金を求めるというよりも、欲しいのはあくまで安定。「高収入をめざしてリスクの高い転職活動」というのはむしろ逆効果になってしまうようです。

■当たり障りのない人(25歳/放送関係)
■ご飯の食べ方がきれい・遅刻しない(25歳/工場勤務)

「『結婚相手=両親に見せて恥ずかしくない人』なので、ある意味"無難"な人がいい。
あと、付き合うだけならそこまで気にしない食べ方やわずかな遅刻も、結婚相手だとすごく気になる。おそらく両親もそういう所で人柄を判断してしまうと思うので。いずれ父親になるという点でも、マナーや身だしなみには厳しくなるかな」

当たり障りなく、それでいて結婚したいと思える魅力のある人。なかなか難しいですね。2番目については男女共通だと思います。やっぱり父親は子どもの良いお手本になってほしいもの。「きれいに食べなさい」と口にご飯粒をつけた父親が言っても、説得力ありませんから。


■ 絶対的に自分の味方でいてくれる人(27歳/スーパー店員)

「結婚した後の姑(しゅうとめ)問題。それを考えると、絶対自分の味方でいてくれる人が良い。
自分が悪くても、まず自分の気持ちを理解しようとしてくれる人。そして、怒るのではなく諭してくれる人が理想。そんな人、なかなかいないですけど」

自分に都合の良い男ということでしょうか。結婚する前から姑(しゅうとめ)のことを考えるとは、女性は用意周到ですね。

■ 料理好き・きれい好き(29歳/銀行)
■ こだわりが低い・細かくない(28歳/公務員)

「料理が好きな人は、自分で作ってくれると思うので。きれい好きも同じ。汚くなると自分から掃除をしてくれそう(笑)」


家事を分担してくれそうな人は結婚相手としてポイントが高いよう。しかし、こんな意見も。

「料理好きやきれい好きはこだわりが高そうなのでちょっと難しいかも。住む家や休日の過ごし方などにあまりこだわりがあると、ストレスがたまりケンカになってしまう気がする」

うーん、男はいったいどうすれば良いのでしょう??

「好きになる男性」と「結婚したい男性」はあくまで同じ線上にいるのですが、その間にはここで挙げたような基準が追加されるようです。
そのため、「頼りになる」、「一緒にいて楽しい」などの意見は、「その要素がなければそもそも好きにならない」という理由で挙がりませんでした。それにしても驚いたのは女性たちの鋭い分析。付き合ってからも細かく見ているんですね。
男性の皆さん、付き合えたからと浮かれてはいけません。本当の婚活は、そこから始まるのです。

(J.B.河合+プレスラボ)

スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30