忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同性同士ならあたりまえの言葉でも、男子からNGと思われてしまうことが……。
一度「この子はない」と思われてしまうと、もう次はないといっても過言ではありません。冷めるのは一瞬です。男子に「百年の恋も冷めてしまった」という女子の言葉をリサーチしてみました。こういった一言には要注意!



1、合コンで男ゲット自慢

「気になっていた子が『アタシ、合コンで最近成果あるんだよねー。毎回気になる人を落としてる』と自慢していて引きました。そんなに合コンにガツガツ行ってるのか……と。しかもそれをゲームのように楽しんでいて微妙な気持ちに」(29歳/銀行)

2、モテないと頑なに主張

「友人の紹介で出会ったA子は決して美人ではないけどかわいらしい。2回目のデートで『A子ちゃんかわいいよね。モテるでしょ』と軽い気持ちで言ってみたら『全っ然モテないんです!』『私なんてモテるわけがないです』とひたすらモテない自慢(?)を繰り広げられました。そこまで卑下されると困惑……」(28歳/商社)

3、イケメンしか受け付けない

「職場にいる年上のB子さん。僕のタイプの華奢な美人で、彼氏もいないという噂なので、気になっていました。ある日の飲み会で『イケメンしか無理なんだよねー。歴代彼氏がみんなイケメンだから。hydeみたいなクール系な人が多かったかな』と言っているのを聞いて、遥か遠い存在に。hydeなんてそうそういないですよね」(27歳/IT)

4、お金を払う気がゼロ

「合コンで知り合ったギャル系女子C子とごはんに。初デートだし会計は自分が持とうと思っていたのですが、席で『ごちでーす!』と一言。財布を出す素振りすら一切ありませんでした。振りでもいいので、ちょっとは払いますという意思を見せてほしかったですね」(30歳/コンサル)

5、男を立ててくれない

「最近仲良くなったD子と夜デートにと、がんばってしっとりした大人なバーを探しました。連れて行くや早々『ここよく来るんだよね』と言われて気持ちはだだ下がり。嘘でもいいから『初めてきた』『いいお店だね』とか言ってほしいもんですよ、男は」(26歳/旅行)

6、学歴重視

「仕事関係で知り合った編集者E子。キリッとしたデキる女ふうな彼女のことを気になっていました。仕事の打ち上げで飲んでいたところ恋愛の話に。E子が『高卒の男はまずないな』と一言。『最低でも早慶あたりは出ていてほしい。アタシが早稲田だからさ』と続けていて、高卒・専門の俺は勝負すらできないんだなと。自分がそうだからって、そこまで相手の学歴にこだわる必要ってある……?」(29歳/カメラマン)

何気なく放った一言が地雷を踏んでしまうことはあります。男子は女子以上に繊細な生き物だということを忘れずにいたいものです。
PR
先日、居酒屋で男女7人の友人で食事をしていると、隣から女子会をしている声が聞こえてきました。5人組みの女子会グループは、どのひともオシャレな美人系。なのに友人の男性陣はチラッと見ただけで興味がない様子。
しかし、次にお店に入ってきた、どこにでもいそうな可もなく不可もない中レベルの女子会グループには興味津々。
なぜ、美人を差し置いて、中レベル女子がモテるという状況になるのでしょうか。

男が興味を示さない美人の特徴
20代前半の若いころは、とにかく美人がモテました。しかし、アラサーになるとどうやら違ってくるようです。男性陣に「なんであの美人たちには興味を示さなかったのか」聞いてみると、だんだんその謎が解けてきました。

美人なのに男が寄り付かない女の特徴がこちらです。


【見た目の特徴】

●髪型はクールなワンレンで、やたらと髪をかきあげる仕草が多い
●有名ブランドの個性的な靴を履いてモデル気どりで歩く
●ダメージ加工のショートパンツや、ライダースなど、戦闘的で露出度のある服を好む
●笑顔を作ることはぜずに、常にドヤ顔でキメている


「男に媚びていない自分」がカッコいいという雰囲気が、ビンビンに醸し出されています。
ぱっつん前髪とゆるふわウエーヴの髪型や、ピンクのワンピースといった女らしい見た目に、ついつい目がいってしまうのが男性の本能。攻撃性の高い服装や髪型の女性は、どんなに美人でも二の足を踏んでしまうそうです。


【口癖の特徴】

●「私、まだ本気を出してないから」と余裕ぶっている
●「よく考えたら好きじゃなかったんだよね」と、上手くいかなかった恋を正当化する
●「つまらない男といるぐらいなら、女と遊ぶほうが楽しい!」と見栄をはる
●「なんだかんだ言っても、まぁ、本気で彼氏が欲しいとは思っていないんだけどね」と、自分が求めていないだけだとアピールする


なにぶん美人なので若いころはちやほやされてきただけあって、常に上から目線。
アラサーになって、急に男性から声をかけてもらえる確率が減ったことに気がついても、いまさらこのスタンスを変えることができず、いいわけを並べる毎日。そんな口が減らない女性は、男性から敬遠される一方……。


【行動の特徴】

●女同士で集まり「変な男に付きまとわれて困る」や、「ダサい男からコクられ迷惑!」と、男の悪口で盛り上がっている
●気になる男性がいても自分からアプローチせずに、「私を落としてみなさいよ!」という高圧的な態度を取る
●スッピンでコンビニに行くときでも、芸能人のように大きなサングラスをかけ、まるで勘違い読者モデルのようになっている
●顔、スタイル、ファッションセンス、仕事など、すべてにおいて理想像を目指している


男性からどうモテるかよりも、理想的な自分でいることがなによりも大切。ここまできたんだから、下手な男で手を打ちたくないというのが本音。そんな態度に、男性は「いったい、お前は何様だ!?」とドン引き状態。
理想の自分を崩したくないうえに、高圧的な態度も崩せません。

美人にあぐらをかいていられるのは20代まで
居酒屋に、真っ黒いお水系の服を着てくる女と、ワンピースにニーハイ姿で来る女性。元カレの愚痴をおもしろくネタにする女と、聞き上手な女性。
この場合、ほとんどの男性が後者を選ぶそうです。たとえ前者が美人であろうが、いとも簡単に中レベルの女性に「モテ」の軍配があがります。

イラストレーターの犬山紙子さんは、自身の著者『負け美女』(マガジンハウス)で、どうして顔は可愛い女性なのにモテないのかを検証していました。それによると、ファッションや行動を男性目線からどう見えるかを意識できるかどうかのようです。

美人なだけでは、もはや相手にはされなくなり始めてくるのがアラサーというお年頃。華麗なる下剋上とも言われる大逆転が、身近なところで起こり始めているのです。

美人にあぐらをかいたまま歳をとってしまうと、「負け美女」になってしまいますよ。




男性とのデート中、「何食べたい?」と聞かれること、ありますよね。特に思いつかなくて困ってしまったり、つい「何でもいいよ」なんて答えてしまったり。でも、「なんでもいいのかぁ、じゃあラーメンとかどう?」なんて返されると、「ラーメンはちょっと気分じゃないかな……」なんてことありませんか?これでは、相手も困ってしまいますし、自分もちょっと気まずく感じてしまいます。「何食べたい?」って結構難しい質問ですよね。そこで今回は、男性に好感を持たれる「何食べたい?」の上手な答え方を考えてみました。

■ 具体的じゃない方が好印象?

「何食べたい?」聞かれて、具体的なものがすぐ決まれば苦労しないのに……と考えていませんか?でも、意外と具体的でない方が好印象を持たれるのではないか、と筆者は考えています。

その理由は具体的すぎると女性のイイナリみたいだから。男性はレディーファーストの意味もあって女性に「何食べたい?」と聞くのでしょうが、そもそも男性は女性に立ててもらいたい生き物です。女性の言いなりになるのが好き!という男性はあまり聞きませんね。かと言って、「あなたの食べたいものでいいよ」と返されても、困る。優柔不断な男性も多いものです。

そこでたどり着いたのが、一緒に考えることができるよう誘導する答え方です。これなら男性を立てることもできて、女性の方も頑張って何を食べたいか考える必要もなくなりますよね。

■ 答え方1:店の雰囲気で答える

・ 居酒屋かおしゃれなレストランか
特に食べたいものが決まっているわけじゃないから、答えづらくなってしまう「何食べたい?」という質問。でも、例えば「居酒屋とおしゃれなレストランならどっち?」という程度の質問ならすぐ答えられるのではないでしょうか?

男性とのデート中の食事は『何を食べるか』よりもどういう雰囲気を楽しみたいかが重要な時も多いのでは。「おしゃれなレストランで何か食べたいな!」「気取らない場所がいいなー。居酒屋さんとかどう?」という風に答えるといいかもしれませんね。

■ 答え方2:食材で答える

・ がっつりお肉?ヘルシーにお野菜?
「何食べたい?」と聞かれて、これ!というものは浮かばないけど、おぼろげになら食べたいものがある……なんてことありませんか?「なんでもいいよ」と言ってしまったあとに、男性に「じゃあ○○にしよっか」といわれて、「うーん、それは違う……」となってしまわないためにも、便利な答え方が、食材で答える答え方。

頭の中で、肉料理・魚料理・野菜メインの料理・ご飯もの・麺類・粉物など、大雑把にメインの食材を思い浮かべて、どれが一番自分の気分にあっているか選びます。具体的なメニューは決まらなくても、「お肉料理がいいなーって思うんだけど、何かいい案ある?」男性に伝えると、一緒に考えることができて、男性も立てることができます。女性の指定したものを食べに行くという感じは薄れて、一緒に選んだものを食べに行くという感じがして、きっと男性も気分がいいのでは?

■ おわりに

どうでしたか?この答え方は「何が食べたい?」の具体案ではなく、条件をあげているので、あまりたくさんの条件をあげすぎないのもポイント。「お酒が飲めて、おしゃれで、お野菜メインでヘルシーなメニューがあるようなお店で……」なんて答えてしまうと、男性は「で、一体何が食べたいの!?」という気分になってしまうかも。1つか2つくらいの条件で答えて、うまく男性と一緒に考えることができるといいですね。
玉の輿結婚を目指し、本当にお金持ちと結婚できれば幸せになれるのか?わずか半年で開業医と結婚した女性が体験して感じたストーリー。
彼女が実際に手に入れてわかった自分の本心とは?そして本当の幸せなパートナーのあり方は何なのか探ってみました!

パートナーのイメージが具体的なほど結婚に近づく?!
「なぜ彼女が1年以内にお金持ちと結婚できたのか?」シリーズ最終回です。今回のテーマは、「女性はお金持ちと結婚できれば、やっぱり幸せになれるのか?」です。彼女の結婚体験を通して、本当に幸せな結婚生活やパートナーとの関係は何なのか一緒にヒントを探っていきたいと思います。

前回でお伝えした、彼女がお金持ちを捕まえるために実践した「4つのチカラ」に加え、もう一つ心がけたことは、お金持ちと結婚するためには、まず周囲の人にしっかりと自分がどんな男性と結婚したいかという意志を明確に伝えたそうです。ここで大事なことは漠然とした男性イメージでなく、具体的に誰にでもわかりやすく自分が求めている男性像がどんな人なのかを伝え、さらにそんな人を紹介して欲しいとお願いしたことです。

確かに結婚したいと思っている人の中には、「誰かいい人がいたら紹介してくださいよー」なんて冗談っぽく言ったり、または会社や周囲の友人には、あまり結婚に興味がない素振りをしているのに、実は週末にはパーティーに行ったり、お見合いしたりしている人もいるかも知れません。もちろん、それぞれのタイプによって男性との出会い方があるので、何が正しいとは言えませんが、彼女の場合には具体的に「こんな仕事してる人が良いです!」など希望のディテール(詳細)を伝えていたそうです。
確かに言われる側も、ただ「誰かいい人いませんか?」なんて聞かれても印象が薄く、どこまで本気なのか判断しかねますが、「私はお金持ちと結婚したいから、知り合いで素敵なお医者さんいたら紹介してください!」と言われると、そんな人が周りにいたり、知り合ったら彼女が思い出されて紹介しやすいものです。

彼女もそんな積極的な行動が実を結び、あるお医者さんとの縁談が舞い込んできました。彼女はその彼と出会って、わずか3ヶ月で婚約、そして半年後には結婚することになったのでした。


結婚することがゴールになってしまうことの危うさとは・・・
他人が聞けば何とも順調な流れですが、彼女は結婚を前提に彼と付き合い始めると、しばらくして早くも彼との間に違和感を感じ始めたそうです。なぜなら結婚してからも働きたいと願う彼女に対して、彼は自分のパートナーは専業主婦になって、自分を支えて欲しいという希望だったのです。いわゆる結婚生活後の価値観の相違です。

その時点で、あくまでも「結婚すること」が目的のゴールになっていた彼女は、そんな違和感を必死に気付かないフリをしようとします。そして彼女は自分の中で、「きっとお金持ちと結婚すれば幸せになるのだから・・・」と自分に言い聞かせます。何よりもすでに婚約もして結婚への準備がアッという間に進んでいったので、家族などを考えれば、今さら引き返せないというのも本音だったと言います。

結婚する彼は裕福だし、それは自分が今の生活からリセットするために望んだ結婚なのだからと、常に肯定しようとしている自分がいたのでした。直感的には何か不安を感じていたけれど、当初の結婚するという目的を手に入れる寸前だからこそわかる自分の本心・・・ 彼女は誰でにも言えない虚しい気持ちの中で、自分が何をやってんだろうと思う時もあったそうです。

目的地がズレた結婚の向かう先にあるものとは?
結婚前から若干の違和感を感じていた彼女は、結婚することで全てはいい方向へ変わると期待しました。だから高校時代の友人などが、自分の結婚を羨んでくれたり、みんなが認めてくれることなど、自分のコンプレックスへの決別や克服というテーマに結婚の目的がいつの間にかすり替わっていたような気がします。

いよいよ結婚式の当日を迎えました。同級生のみんなが「ますみちゃんの旦那さんはお医者さんだし、お金持ちの生活で羨ましいなー」という声を聞きたかったそうです。けれども高校の同級生たちは、当たり前のように「おめでとうー!」と嘘のない笑顔でお祝いしくれた時に、自分が求めていたものが虚しい独り芝居だったと感じたそうです。そして「自分が本当に手に入れたい人生って何なのだろう?」とフッと我に返ったそうです。

お金持ちと結婚することや、自分が同級生たちより先に幸せな結婚を手に入れることに対して「いいなー」と言ってもらうことで、勝手に自分のコンプレックスから逃れることを望んでいたことにハッキリ気づきました。もちろん彼にではなく、お金に対しての執着やコンプレックスに縛られていた自分がとっても嫌になったそうです。

それでも結婚後、医者である多忙な彼を支えていこうと思っていましたが、彼女はまだ自分の人生でやりたい、世界中を飛び回って仕事したいという気持ちが、結婚したことでより強く出てきたそうです。ただ金銭的にも余裕のある彼にとっては、彼女がそこまでして働くことに関しては全く理解ができなかったと言います。むしろ、なぜ自分を支えてくれないのかを攻められたそうです。

彼女は自分らしさが出せず、気持ちがワクワクできない自分に段々とストレスを感じ、二人の向かっていく方向や気持ちのすれ違いを大きく感じたそうです。すでに一つの夢であった「お金持ちと結婚する」というゴールを手に入れてしまったので、そこにはもう誰かを見返したいなど強い欲求も存在せずに、お医者さんと結婚した妻という現実があるだけでした。

そして結婚して、しばらく経つと彼と別れることを考え始めたそうです。「世間で言う、裕福なところの奥様という称号が欲しいのか、それとも自分らしく自由に生きたいのか?」と悩み始めた時には、すぐに答えが出たそうです。

みんなからは「お医者さんの奥様」で凄いね、と自己肯定されて嬉しい気持ちもあったけれど、やっぱり世間の物差しでなく、自分自身が思う幸せの尺度にズレがあったと振り返ります。彼は優しかったし、大きな問題も何もなかったのですが、パートナーとして続けていくために大きな障害だったのは、結婚後の二人が向かっていくべき価値観の違いでした。いくら結婚して、お医者さんの奥様になり、金銭的に不自由ない身分になれたとしても、自分の本心に逆らって生きるということはやっぱり虚しいなと思ったそうです。


本当に自分らしく幸せになるために必要なこととは?
今回3回に渡って、海外投資コンサルタントさいますみさんの体験をベースに、多くの女性が憧れるお金持ちとの結婚についてお伝えしましたが、もちろん、これは、あくまでも彼女のケースです。決してお金持ちと結婚を望むことや、することが悪いことではないし、実際に幸せになっている女性もたくさんいます。

今回、彼女のような「結婚すること」そのものがゴールにしてしまった典型的なケースとして、結婚生活を通じて幸せになっていくためには、やはり結婚後に二人が同じゴール(目的地や目標)の方向を目指していくことが、いかに大事であるかということです。

ただ彼女は自分の離婚という経験によって自分のしたいことが明確になりました。それは自分が強くコンプレックスを感じたお金というものを、より多くの女性にとって自立できるための流れや仕組みを勉強する大切さを伝えたいということです。だから彼女は今、積極的にアジアの国々を中心に飛び回って、未来の自分にできる役割の可能性を組み立てています。

何度も言いますが、大事なことは、やっぱりまず自分がやりたいことをしっかり見極めることです。当時の彼女のように結婚することで、単に現状の不満や不安から逃げるための手段や目的になってしまったら勿体ないのです。本当の自分が幸せになるための生き方の手段として、もう一度、しっかり自分の結婚観や人生と向き合ってみてはいかがでしょうか。
「1年でお金持ちと結婚する!」と決意した投資コンサルタント女性がお金持ちの男性を振り向かせるために、まず始めたことは何だと思いますか?

誰でも簡単に始められる、すべての男性を振り向かせるために必要なシンプルな4つのチカラとは?

彼女がお金持ちと結婚すると決めた理由とは?

「私は1年以内にお金持ちと結婚する!」と誓って、見事、実行に移した女性投資コンサルタントとして活躍する、さいますみさん。彼女がお金持ちを射止めるために実行した、誰でも簡単に始められる、まずは男性を射止めるためのシンプルな実践方法をお伝えしたいと思います。

なぜ彼女はそこまでしてお金持ちと結婚したいと強く願ったのでしょうか?それは彼女の学生時代が関係していたそうです。彼女は中学から名古屋でも有名なお嬢様学校、まるでマンガ「花より男子」の世界だったそうです。

その多感な思春期に数多くのお金に対するコンプレックスを感じたことで、彼女は「お金さえあれば幸せになれる!」という図式ができてしまったそうです。そして、社会に出てからも、「みんなを見返すためにはお金を稼ぐ」という考え方が当たり前になってしまったそうです。

でも厳しい実社会で目標に向かって頑張った彼女も、金融業界の人間関係とそのプレッシャーに疲れて、自らの身体がギブアップしてしまいます。その時、入院して彼女がより強く願ったことは、そうだ、「お金持ちと結婚して自分が幸せになる!」というやや不純な選択肢でした。

彼女が結婚に向けてまず最初に始めたことは?
客観的に見れば、その考えも一理ありますが、お金への執着が息苦しくないのか心配になってしまいます。でも、その時の彼女は必死に苦しい状況から抜け出すための一番の近道だと信じてしまいます。大小の差はあるとは思いますが、人生を楽しんでいないと、そんな思いを持ってしまう女性も少なくないのではないでしょうか。

そんな彼女が、まずお金持ちと結婚するために始めた4つの行動がありました。これは、お金持ちに限らず素敵なパートナーを手に入れるためのシンプルな方法だと思いますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

1:外見から「女子力」をUPさせる

まず最初に、彼女が退院して行ったことは何だと思いますか?それは自分の気持ちを変えるために、生まれて初めてジェルネイルをしてみたそうです。その瞬間に、とっても自分に自信がついたそうです。まさに外見の自信は、内面の自信に変える一番の近道なのではないでしょうか。

自分らしさを大切にすることもとっても大事なことですが、プロの人やオシャレな友人のアドバイスを受けて、外見を可愛くしてあげることで、まず自分を喜ばせてあげましょう。自分の気持ちが自然に明るくなり、笑顔が増えるものです。その素敵な笑顔と自分から出ているワクワクな雰囲気が男性を惹きつけるのです。

2:毎日、鏡を見て「笑顔力」を磨いた
続いて、彼女が毎日、行ったことは、毎日、鏡の前で笑顔の練習をしたそうです。
素敵な笑顔は必ず男性を惹きつけます。この笑顔も自分の内面ととっても大きな関係を築きます。つまり、毎日を楽しく過ごせてる人は、それが自然に出るものですが、仕事や恋愛、人間関係などでストレスを抱えて、疲れているとそれが間違いなく表情に表れます。「私、最近疲れているな・・・」なんて感じていたら、まずは鏡越しの自分に向けて癒してあげる習慣を心がけてみて下さい。きっとビックリするような効果が現れると思いますよ。

3:人との「出会い力」を高める
そんな笑顔の習慣がつき始めると、彼女は周りの友人、知人から、いろいろ遊びのお誘いがくるようになったそうです。そして彼女自身もなるべく人に誘われたら積極的に出かけるように心がけて、新たな異性との出会い力を高めていったそうです。やはり当たり前ですが、新しい誰かと出会いたければ、人がいるところに出かけることですね。

ここで気をつけて欲しいのは、ただ結婚相手探しが目的のパーティーに参加したり、結婚相談所に登録して、ひたすら不特定多数の男性と会わないことです。それらの活動を繰り返すことで、人によっては自信を失い、疲れてしまい、ますます自分らしさやセールスポイントを相手に伝えられないという、負のスパイラルに陥ってしまいます。たくさんの人と会うことで、知らずに結婚を遠ざけている要因になってしまわないに気を付けてください。

まずはお金持ちの気分になってみることが大事
4:お金持ちになるための「想像力」を高める
彼女によれば、お金持ちと結婚するために大事なことは、まずは自分がお金持ちと同じ気持ちになってみることだそうです。まずはお金持ちを演じることで、それが段々と自分の中でも受け入れられる状態になるそうです。きっとお金持ちだったら、こんな行動や言動をするのだろうな・・・と思いながら、ちょっとだけ自分の日常生活を変えていったそうです。

例えばスターバックスでコーヒーを飲むのではなく、高級ホテルのラウンジでひとりで寛いでみる、平日の昼間に高級ジムに行ってから優雅なランチを楽しむなど、ちょっとした自分への投資で、その気分を味わうことが大事だったそうです。そこにいるお金持ちマダムと同じ空間を共有することで、自分の脳にもリッチな気分のイメージを入れて、それが当たり前の日常なんだと錯覚させるのです。


結婚への執着が強いほど男性は近寄らない・・・
そんなシンプルなチカラを上手に使って、ストレスから解放されて、自分を変えるべく、ちょっとした努力で、モテ期というか人との出会いが生まれるものです。彼女は自分の外見を変えた途端に、周りの男性が気を遣ってくれたり、ビックリするぐらい反応が変わったことに何よりも驚いたそうです。

彼女の経験からも、やはり女性らしくキレイになろうという気持ちが、人を引き寄せるということは間違いないようです。そんな意味でも、やはり人は外見の第一印象で反応するという事実も受け入れて対策していきたいものです。確かにモテる人に共通していることは、やはり外見力や会話力の魅力と言えるでしょう。

ただ、そんなモテ期に入ってたくさんの男性とは会う機会が増えたのですが、なぜか当初の目的である結婚のパートナーとの出会いには、すぐに繋がらなかったそうです。ある時、その原因を自分なりに考えてみると、どうしても結婚という打算的な想いが強すぎて、男性も遊びや恋愛目的では近づいてきても、知らないうちに結婚オーラが出ている彼女には警戒心を持って、それ以上踏み込んでこないことに気が付いたそうです。

お金持ちを射止めることが目的になっている彼女は、どうしても出会った男性を品定めしてしまいます。それは相手の仕事だったり、年収がどの位なのかなど、バレないように探ろうとしても、やはり見透かされるものです。だから相手も気持ちよく心をオープンしないので、逆に同じように打算的な男性ばかりが近寄ってくる結果に陥ってしまうものです。

皆さんにも経験があると思いますが、せっかく自分が買おうと思って入ったお店で、必要以上に買わせるようとギラギラした店員さんが声を掛けてきたのでは引いてしまい、きっと他のお店で買おうと思ってしまうのではないでしょうか。

彼女は、そこに気付いてから、まず結婚への執着を消すべく、まず最初は純粋にその人自身に興味を持つことから心がけたそうです。それでも、きちんと相手の年収だけはチェックしましたが、それは彼女がお金の分野でプロだったので、まずお金に対して無頓着な男性とは、そもそも価値観があわないと思ったからだそうです。

以上のように、彼女は自分を変えるために、まずシンプルな「4つのチカラ」を実践してみました。その行動と方法は、別に相手がお金持ちでなくても、すべての男性に通じることがわかります。まずは自分の良さがより出るために、誰でも簡単にできる方法として試していただきたいと思います。





スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31