忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽しいはずのデートの最中、無意識に取った行動や態度のせいで、男性が「もうこのコと会うことはないな」と確信していたとしたら、これほど不本意なことはありません。そこで今回は『スゴレン』読者の男性を対象に、「デート中に『もう会うことはない』と思うのはどんなとき?」というテーマで意見を募ってみました。多くの男性の本音をまとめてご紹介します。


【1】ボサボサの髪で現れるなど、身だしなみに気を使っていないのが明らかなとき
「おしゃれなワインバーに誘ったら、ボサボサ頭にジャージ姿で現れた女の子。服装に無頓着なのか、自分に恥をかかせようとしたのか、理解に苦しむ」(20 代男性)、「口臭や体臭には気を使ってもらいたい。一日中歩いたあとの汗のにおいは許せるが、会ったときからプーンと漂うのはちょっと・・・」(10代男性)など、女の子が身だしなみに気を使っていないと感じることで、がっかりするという意見です。「服装などで、自分のために張り切っているところを見せてほしい」(10代男性)というのが男性の本音のようです。


【2】「男性に奢ってもらうのが当たり前」というそぶりを見せたとき
「レストランで、何も言わずに先に店を出て行ってしまう女の子には『お財布を出すふりだけでもしてくれたら』と思う」(20代男性)、「最初からごちそうしてあげるつもりだったとしても、感謝の気持ちが見えないとカチンとくる」(20代男性)というように、女の子の「奢ってもらって当然」という振る舞いに苛立ちを覚える男性は少なくありません。親しさの程度にもよりますが、謙虚な態度を示したり、「ありがとう」と言葉にして伝えることは、デートに限らず、気持ちのよい人間関係を築く基本なのではないでしょうか。


【3】一方的にしゃべり続けたり、興味のある話題にしか反応しなかったとき
「聞き役に回るのはかまわないけれど、あまりにも自分のことばかり話す女性には引くことがある」(20代男性)、「好きな女の子のことは何でも知りたいので、聞いてあげたいと思うが、自分がしゃべっているときにつまらなそうにされると『この人とは長続きしないな』と感じる」(30代男性)と、女の子の「自分本位なトーク」に気持ちが冷めてしまうケースです。「本当に相性のいい女性となら、沈黙さえ楽しいはず」(20代男性)などの意見にあるように、「そもそもかみ合っていない」という問題が根本にあるのかもしれません。


【4】携帯ばかりいじっていて、あからさまに上の空だったとき
「知り合いが多い彼女は、メールや電話が頻繁に入る。でも自分をそっちのけで携帯に夢中なのを見ると、やっぱりさびしい」(20代男性)、「誰かといっしょに過ごしているのに、携帯ばかり見ているのは、気持ちがここにない証拠」(10代男性)など、デート中に携帯にかかりきりの女の子に対して、「ないがしろにされている」と感じる男性は多いようです。「しょっちゅう携帯チェックされると、誰からの連絡を待っているんだと勘繰りたくなる」(30代男性)というように、あらぬ疑いをかけられてもつまらないので、注意が必要です。


【5】クチャクチャと音を立てて噛むなど、食事のマナーが悪かったとき
「上品で清楚なタイプの彼女が、クチャクチャと音を立ててものを噛むことを心から残念に思った」(20代男性)、「こぎれいな飲み屋で、いきなり椅子の上に足を放り出した女性にあぜん」(30代男性)、「おいしいからって、お皿に付いたソースをなめるなんて!」(20代男性)など、食事のマナーの悪さから、女性に幻滅した体験談が多く寄せられました。「お箸の使い方がキレイな女性だと、『自分の見る目は確かだった』と感じる」(20代男性)というように、食べ方が美しいことで、好感度が大幅にアップする場合もあるようです。


【6】断りもなくタバコをプカプカと吸いはじめたとき
「自分が吸わないので、どうしてタバコを我慢できないのかわからない」(20代男性)、「タバコなんて煙たいし臭いし本当に最悪!」(20代男性)といった「嫌煙派」がいる一方で、「喫煙するのはかまわないが、一言断ってから吸ってほしい」(20代男性)という「一応、容認派」も少なくないようです。男性が「吸ってもいいよ」と言ってくれても、「喫煙者を見る目が厳しいいま、TPOをわきまえずにタバコに火をつけられると、同行者として困る」(30代男性)といった事情もあるので、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。


【7】誰かと長電話するなど、デート中とは思えない失礼な態度を取られたとき
「デートの最中に、ほかの誰かと長電話。いかに自分をどうでもいいと思っているのかよくわかった」(10代男性)、「『友達が飼ってる犬を預かることになったからごめんね』と、会って5分で帰ってしまった彼女。自分は他人のペット以下の存在なのか?」(20代男性)など、女性の失礼な態度に怒りを覚えたというものです。「自分とのデートに応じておきながら、いっしょにいる間ずーっと『忘れられない元カレ』の話をしていた女の子にうんざり!」(20代男性)というように、ほかの男性の存在をちらつかせるのもNGでしょう。


【8】自分の発言をことごとく否定されるなど、価値観が合わないと感じたとき
「何か言うたびに頭ごなしに否定されて『コイツとは無理』と確信」(30代男性)、「ところかまわず大声でしゃべるのをたしなめたら、『いいじゃん、知ってる人もいないし』と開き直られ、恥ずかしかった」(20代男性)など、価値観の相違から「次のデートはない」と思うパターンです。「タクシーの運転手さんにタメ口をきくのがダメだった」(20代男性)というように、きっかけはささいなことでも、一度気持ちが離れてしまうと、修復は困難になってしまいます。「フィーリングが合わない」場合には、諦めが肝心なのかもしれません。


納得のいく意見はありましたか? 男性のタイプやふたりの関係性によって、ほかにもさまざまな「NG行動」があると思います。
PR
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31