忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


出会いが欲しい! 彼氏が欲しい! 婚活中!
そんな女性の方は必見です♪


★大好きな男の人が、あなたを好きでたまらなくなる方法
☆あなただけのたくさんの愛情で満たしてくれるような男の人の見抜き方
★運命の人との出会い方
☆男性の気持ちがずっと変わらずに、愛され続ける関係の作り方


上のどれか1つでも知りたい方は、是非ご覧下さい!


見なくちゃ損です!!

《こちらにあなたのアフィリタグを挿入して下さい》






仕事・友達付き合い・趣味・美容・ダイエットなど…現代の女性はやる事がいっぱい!
いろんな事に挑戦することで、人としての魅力が増えます。


しかし、1番“女性”として輝ける時は“愛されている時”です。
愛されることで、“女性”としての魅力が増え、ますます生活が楽しくなります。


男の人に“愛される”ためには、正しい恋愛や結婚が必要です!




恋愛・結婚どちらにも共通するのは、『出会い』『アプローチ』『デート』『告白』・・・


もちろん『お互いが好きになる、好きになってもらう』という過程も大切です!



恋愛・結婚を成功させるためには、5つの過程それぞれに、隠されたポイントがあります。


それらのポイントを抑えて簡単なテクニックを使うことで、
理想の男性との出会いから恋が実るところまで、夢のように叶います。



その内容は、思わず『え、そんな事でいいの!?』と思ってしまうような簡単なものばかり!

中には『えー!そうだったんだ!!』と今まで持っていた知識を覆すようなものまでもあります!





恋愛・結婚に必要不可欠なのは、男性のパートナー。
私たち女性の気持ちだけでは上手くいかず、男性の気持ちを無視するわけにはいきません。


すぐに男性の気持ちを理解出来るのであれば、何の問題もありませんが、
残念な事に、女性の考え方と男性の考え方は全くと言っていいほど違います。

女性の私たちが見抜こうと頑張っても、とても困難です…



しかし、ここには男性の心理を盛り込んだ要素がたくさん紹介されています。
今まで気付けなかったような内容もあるので、ただ読んでみるだけでも面白いかもしれません(笑)


しかし、ここから先は“本気で”恋愛や結婚を成功させたい方だけ読んで下さい!


本気の人だけに贈る、恋愛成功テクニック





PR
みなさんは、自分が告白された後にどのような行動を取っていたかを覚えていますか?きっと意識している人はあまり多くはないのではないでしょう。しかし、振られた方はきっちりと覚えているもの。振られ方がトラウマになり、「もう恋なんてしたくない・・・。」と思うケースまでもあるようです。それでは、一体どのような行動がNGとなるのでしょうか?今回は「振った男性にさらにショックを与える行動」をご紹介します。


【1】「すぐにいい人、見つかるよ。」などと励ます。
フォローをしているつもりが、男性を余計に傷つけているパターンです。悪気はなく無意識に使っている人が多いかもしれませんが、告白した側としては「自分にはまったく興味がないんだ・・・。」と感じ、かなり傷つきます。相手を少しでも労ろうとする心遣いは、告白というシチュエーションにおいては逆効果を生む場合もあるので、イエス・ノー以外は口にしない方がいいこともあるでしょう。


【2】「キライなわけじゃない。」と妙な気遣いをする。
前項と同様に、フォローが裏目に出ているパターンです。キライではないのに、振られているという状況に、「では、自分はどうしたらいい?」「きっと言葉では説明できない、圧倒的に男としての魅力に欠けている部分があるんだ・・・。」と男性はマイナスの想像をしてしまうことでしょう。たとえ本当にキライではないにしても、相手を惑わさないよう、ハッキリと振った理由を告げるのが大人の対応なのではないでしょうか。


【3】「アンタは男として器が小さい。」など、その場で男性にダメ出しする。
魅力のなさが原因で男性を振ったとしても、それを口にする必要はないでしょう。多くの場合、男性を傷つけるだけで終わってしまう恐れがあります。もし、相手の成長を願って言うのであれば、「自分は器の大きな人に惹かれる。」といった言い方をしてみてはいかがでしょうか。男性によっては、女性の描く理想的な男性像に近づこうと奮起するかもしれません。


【4】振った理由をブログやツイッターなどに事細かに書く。
「告白」は、した側とされた側の二人だけの思い出であり、他人と共有するようなものではありません。それをイベントや公開日記感覚で書かれたら、振られた男性は大きなショックを受けるでしょう。しかも噂などとは異なり、これらのサービスは当人が消さないかぎり記録が残り続けます。苦しみがずっと消えずに残る、何とも残酷な仕打ちなので、絶対にやらないよう気を付けましょう。


【5】告白されたことを友達に言いふらす。
男性が思う「振った後にこれだけはやめて欲しい」という行動で、真っ先に挙がるひとつです。それだけ、振った女性が最も多くやりがちな行動なのでしょう。言いふらしている本人はそれほど大ごとだと感じないかもしれませんが、言われた方は、同性からは茶化され、異性からはしばらく恋愛対象から外されるという憂き目に遭います。やはり、告白は当人同士の思い出として心にしまっておくのが、スマートな振る舞いと言えるでしょう。


【6】告白直後から態度を急変させて、露骨に避ける。
男女間のマナーとして相応しくない行為です。このような行動に出られると、男性はずっと振られ続けているような苦しみを感じるでしょう。告白が成就しなければ、たいてい自然と距離が生まれるので意識的に相手を避ける必要はありません。告白してきた男性によほどの脅威を感じた場合は別ですが、そうでなければ、今まで通りに行動していればよいでしょう。


【7】後日、話しかけられてもあからさまに無視する。
振られた男性は後日、気まずい空気のなか勇気を出して女性に話しかけるわけですが、それすら無視されると、もう立ち直れなくなるかもしれません。もちろん女性としては「振ったにもかかわらず、すぐさま再アタックされるのは迷惑。」という意識があるでしょう。それを回避するために、男性の歩み寄りは無視するということもひとつの決断です。ただし、振った男性およびその男友達等とは関係が断たれるリスクを負いますので、その点は覚悟をしておくべきでしょう。


【8】振った男性の目の前で他の男性とイチャイチャする。
これは振った男性を地獄に突き落とす行為です。特に過剰にイチャイチャする行為は、振った男性への配慮が足らなすぎると言わざるを得ません。「イチャイチャしているところを見せつけているのか!」と誤解や怒りを与える恐れがあるので、控えた方がよいでしょう。


【9】振った男性を慰めてくれるよう、友達にお願いする。
振られた男性のプライドをさらにへし折る行為です。女性としては気遣いのつもりかもしれませんが、男性、なぐさめる友達ともにいい気持ちはしないでしょう。基本的に、振った女性が振られた男性を癒すことは相当困難といえます。従って、もし相手を少しでも癒したいと思うのなら、以前の関係に戻れるよう、これまでと変わらない態度で接することが必要なのではないでしょうか。


振った女性の「露骨な態度に出る」「気遣いを見せる」といった行動は、振られた男性にさらにショックを与えているといえそうです。ただし、これは男性からの意見であり、女性の場合は異なるのかもしれません。みなさん、振られた後にさらなる苦しみを覚えた経験はありますか?ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)


EQ診断テスト






好きで好きで、ずっと一緒にいたい彼氏。しかし付き合いが長くなってくると、どんなに想いが変わらなくても、付き合い始めたころと同じテンションを保つのが難しくなってくるのも事実です。
そこで今回は読者の女性を対象に、「彼氏に愛され続けるためにしている工夫」を大調査!世の女性たちがどんなことを心がけているのか、参考にしていただければと思います。


【1】「好き」と言葉にして伝えること
「無口な彼氏に代わって、こちらから愛情表現することで、ラブラブな雰囲気を演出できます。」(20代女性)、「久しぶりに『好きだよ。』と言ったら、付き合い始めたころみたいに彼氏が照れ始めた。」(10代女性)など、ふたりの間の甘い空気を保つために「好き」という想いを言葉にして伝える女性は多いようです。一方、「『わたしのこと好き?』と聞いたら『何度もしつこい!』と怒鳴られた。」(20代女性)というように、相手に「好き」と言わせようと無理強いすると、嫌がられてしまうおそれがあるので、気をつけましょう。


【2】「メイク中の姿を見せない」など、適度な緊張感を保つこと
「付き合いが長くなると、空気みたいな存在だと思われてしまう。いつまでも『男と女』の関係でいるためには、適度な緊張感が必要。」(30代女性)とする意見は非常に多く、「自宅で会うときにも、ちゃんとした格好をする。」(20代女性)、「メイク中の姿は絶対に見せない。」(10代女性)、「足で扉を閉めるような、ものぐさっぽい動きを封印。」(20代女性)など、女性によってさまざまなこだわりが寄せられました。とはいえ「がんばりすぎると疲れてしまうので、ほどほどに。」(20代女性)というのがポイントのようです。


【3】お互い疲れているときでも、笑顔を忘れずにいること
「お互い疲れていると、言葉もとげとげしくなりがちなので、あえて笑顔を心がけるようにします。」(30代女性)、「一緒に落ち込んでいても仕方がないときは、率先して明るく振る舞うようにします。」(20代女性)など、ふたりの間に流れる空気を「笑顔で変える」というワザは、多くの女性が実践しています。「なんだかんだいって男の人は、笑顔で待っている女性のところに帰ってくる。」(20代女性)という意見もあるように、多少のことには動じず、笑顔で受け止めてくれる女性は、男性にとって安心できる存在に違いありません。


【4】「ほかの男性とふたりきりで会う」など、浮気を疑われるような行動を慎むこと
「男友達の恋愛相談に乗っていただけなのに、浮気を疑われて大変だった。」(10代女性)、「以前からの習慣で携帯にロックをかけていたら、『やましいことでもあるわけ?』と詰問されてうんざり。」(30代女性)など、猜疑心の強い男性と付き合っている場合には、それなりに気を回して行動しないと、面倒な事態を引き起こしかねません。「彼氏を疑心暗鬼にさせないために、身の回りの出来事を全部報告するようにしています。」(20代女性)というように、相手によっては日ごろから信頼関係を築く努力が必要なこともあります。


【5】「メールにハートマークを必ず入れる」など、付き合い始めたころの純粋な気持ちを忘れないこと
「ずっと一緒にいると、『言わなくてもわかるだろう』と接し方が雑になりがちなので、何かしてもらったら『ありがとう。』と心を込めて感謝するようにしています。」(20代女性)など、「初心を忘れない」ことを挙げる意見も多くみられました。「『いまさら小細工しなくても』と思いつつ、彼氏のテンションが上がるのは目に見えているので、メールにハートマークをたくさん入れます。」(10代女性)というように、相手の喜ぶ顔が見たいというシンプルな気遣いが、新鮮な関係を続けるための秘訣であることは間違いなさそうです。


【6】彼氏の家族や友達の悪口を言わないこと
「旅行トランクを貸してあげたのに、お土産も買ってこない彼氏の弟を『非常識では?』と指摘したらムッとされた。」(30代女性)、「彼氏の友人を『オタクっぽいよね。』と言ったら、心外そうにされた。」(20代女性)など、相手の身内や友達に対する本音は、必ずしも好意的に受け止められるとは限りません。ただし「彼氏の母親に『四国の人ってお雑煮にあんこのお餅を入れるんでしょ。変よね。』と笑われて不愉快!」(20代女性)というように、極端に嫌な思いをした場合は、正直に気持ちを打ち明けたほうがいいかもしれません。


【7】「生活の中心が彼氏」という寄りかかり方をしないこと
「好きで好きで仕方がなくて『生活の中心が彼氏!』みたいに思っていても、それを負担に感じさせていたら、いつか逃げられる。」(10代女性)、「好きな人のそばにいたい気持ちはあるが、安易に『結婚』をにおわせるのは危険。」(20代女性)など、「重たい女」だと思われないために、自重を心がけているという意見も多くありました。「精神的に自立していないと、対等に向き合えない。」(20代女性)というように、一方的に寄りかかろうとせず、自分の足でしっかり立っていることで、より固い信頼関係が結ばれるのだと思われます。


【8】「魅力的な女性」であり続けるために、おしゃれや自分磨きの手を抜かないこと
「付き合って2年経っても、デート前日の顔パックと唇パックは欠かせません。」(10代女性)、「自分のほうが年上なので、体型維持とスキンケアは必須!」(30代女性)など、外見に磨きをかけるのはもちろんのこと、「彼を飽きさせないために、話題の本をチェックするなど、知識の吸収に努めています。」(20代女性)というように、精神面の充実をはかる女性も少なくありません。こうした努力は彼氏を喜ばせるだけでなく、自分自身の財産としても身に付くはずなので、恋愛がもたらす大きな効用だといっても過言ではないでしょう。


共感できる意見や、すぐに実践できそうなことはありましたか?女性のキャラクターや男性との関係によって、ほかにもさまざまな「工夫」が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。




結婚を前提に付き合っている彼女がいるのに、他の女性とデートをしている男性がいる。
「一番大切なのはもちろん彼女ですよ。でも他の女性たちとも遊びたいし」
結婚したらそういう付き合いはやめるのかと詰問すると、「うーん、わかりません」と正直な答えが返ってきた。

「浮気は絶対にしない」と誓ってもする男性はする。いや、女性だって分からない。結婚時はパートナーが自分にとって最高の相手であっても、長い年月にはいろんな出会いがある。パートナー以上に素敵な異性と出会うことだってあり得るのだ。パートナーの心に鍵を掛けておくことはできないではないか。

では一体どうすれば、彼の心をつなぎとめておくことができるのか。

アメリカの心理学者デヴィット・М・バスの研究グループがまとめた、パートナーをつなぎとめておくための戦術というのがある。

1、パートナーを自分以外の異性に近づけさせない直接防護 
○彼の行き先に不意に立ち寄る。
○持ち物検査をする。
○他の女のいるパーティには連れていかない。
○余暇は自分とだけ過ごしてとせがむ。
○自分の空き時間はできるだけ彼の側にいる。
             
2、パートナーが決して気分がよくない負の意味合いの説得   
○彼の前でわざと他の男と親しくしてみせ彼を嫉妬させる。
○浮気をしたんじゃないのと腹をたてる。
○浮気をしたら別れるからと怒る。
○あなたなしでは私は生きていけないと泣きわめく。
○ライバルをけなす。
           
3、パートナーが心地よく感じる正の意味合いの説得
○彼が欲しがっていたものをプレゼントする。
○お互いの関係を深めるためのセックスをする。
○彼の眼に魅力的な女と映るように自らの外見を改善する。
○彼がおしゃれをしていたら服装をほめる。
○彼の願いをかなえてあげる。
○手助けをしてあげる。
○彼の意見にはあまり反論しない。

彼を監視したり不意打ち検査をするより、彼の感情を嫌な気分にさせるように操作・誘導するより、パートナーへの愛情や思いやりを示す戦術がベストだとは分かる。
しかし実際は、彼の携帯をこっそり盗み見たり、彼が親しくしている女友達の悪口を言ったり、彼の心をつなぎとめたいはずの言動が、彼の心を引き離す結果となる場合が多い。

「女房の戦略にはまったんですよ」というのは、結婚して30年、自営業の白石氏(55歳)。
「うちは自営ですから仕事関係の付き合いは夫婦同伴。たまにプライベートで飲みに行っても帰りは女房が車で迎えに来るし、子育てのときも、子供より自分を優先して自分にべったりで、四六時中監視されていましたから浮気なんてとてもとても」

正直、白石氏は奥さん以外の女性を素敵だと思ったことは何度もあるそうだ。でもそういう胸の内すら奥さんに見透かされて「あの人、あなたのタイプでしょ」と指摘されると浮気心も消滅する。
「妻に飼い慣らされて30年」と笑う白石氏はメタボ体系でもないし、女性にモテるタイプだと思う。その白石氏の心を30年もギュッと握りしめている奥さんの努力には頭が下がる。

かつて当通信「浮気夫VS浮気をしない夫 浮気夫になるタイプとは?」で取材をさせて頂いた「女房と出会ってから一度も浮気はしていません!」という林さん(50歳)への反響は大きかった。林さんのような素敵な男性と結婚がしたいという声が多いと伝えると奥さんのひろみさん(49歳)は嬉しそうだった。
ひろみさんは年齢より若く見えるし、とてもきれいな女性だ。夫にとっていつも自分が魅力的な女性でいたいからと努力はしているという。外見だけでなく、掃除や料理にも手を抜かず、夫への気配りは欠かしたことはないそうだ。

人の心は自由だ。つなぎとめておきたくても魅力的な異性がいればいつでも自分の元から離れていく可能性はある。
愛する人の心をつなぎ止めるには、いつも自分が彼にとってかけがえのない存在でいること。いつも彼にとって魅力的な女性であり続けること。絶えず自分が彼にとって何ができるかを考え、それを実行することに尽きると思う。

しかしどんなに努力をしても、彼の心が離れてしまうこともある。そういう時は去る者は追わず。彼をつなぎ止めようとした努力は、次の恋に必ず役に立つと信じよう。(オフィスエムツー/佐枝せつこ) 全文
独女通信 09月03日14時00分





 知り合ってから、男女が付き合うまでのプロセスでは、男性からデートに誘ったり、告白したりしてリードすべきでしょうか? それとも、21世紀の現代なら、女性から積極的に男性にアプローチするのが良いのでしょうか?

 一般的には、男性からリードするケースが多いようですが、女性も受身で待っているだけでは、自分が好意を抱く相手と必ず付き合えるとは限りません。
 それにも関わらず、多くの女性が積極的になることに躊躇してしまうのは、いくつかの疑問があるからのようです。

 それぞれの疑問について、私が行う「男女のパートナーシップ」をテーマにしたワークショップで、実際に男性から意見を聞いて考察してみました。

■【疑問1】男性は、女性からプッシュされても付き合うことはない、ってホント?

 男性の中には、「外見など、第一印象で魅かれないと、他の条件が揃っていても付き合う対象にはならない」と言う人がいます。

【考察】
 男性からは次のような意見が挙がりました。

●「確かに20代前半は、外見や体型の好みに左右されることが多く、ストライクゾーンは狭かった。けれど、恋愛経験を積んだ20代後半になると、ストライクゾーンは大きく広がった」
●「友達から紹介してもらった際に、事前に見た写真では、正直、あまり好みではないかもと思ったけれど、実際に会ったら、彼女の話しや仕草に魅力を感じ惹かれたことがあった」
●「第一印象で特別惹かれたわけではなかったけれど、何度か食事に行き、話している間に、相手の性格なども分かり、徐々に好きになった経験がある」

 確かに女性よりも男性の方が、外見に対するこだわりは強い傾向にありそうですが、女性のアプローチ次第で彼の恋愛圏内に入ることもあるので、最初から諦めたり受け身でいたりでは、せっかくの機会を逃すことになりかねません。
 逆に「最初は、好みの容姿の女性だったので食事に誘ったけれど、自分のことばかり一方的に話す相手に、すっかり気持ちが萎えてしまった」と言う男性もいました。

■【疑問2】男性は、「追いかけたい生き物」ってホント?

 恋愛に積極的ではない「草食男子」という言葉が定着してきましたが、それでも女性は「基本的に男性は、恋愛において狩猟型。常に追いかけていたい生き物のはず」と信じています。そのため、女性から好意を示すと、男性に気持ちの余裕が生まれて、自分を追いかけてくれなくなるのでは、と不安を抱くことが多いようです。実際に、そうなのでしょうか?

【考察】
 恋愛の駆け引きを、ゲーム的に楽しみたいと思っていれば、追いかけられる側は、常に優位に立ち、気分も良いものです。反対に、追いかける側に回るのは不安に感じることでしょう。なので多くの女性が、男性に追いかけさせるように仕向けなくてはと思うのは当然かもしれません。

 しかし、男性が真剣にその女性と付き合いたいと思っている場合、余計な駆け引きは不要です。当然、女性が好意を示してくれることは嬉しいはずです。むしろ、好きな気持ちを彼の前で隠すようなことをすれば、脈がないのかと、すぐ諦めてしまうかもしれません。

 自分が思い描いていた通りの理想の女性が現れれば、男性はアプローチしたくなるものですが、誰もが積極的にすぐに行動に移すわけではありません。自信がなかったり、ガツガツするのは見苦しいと感じたり、いろいろ考えてるだけで終わってしまう男性は少なくありません。

 一方、追いかけたい傾向が極端に強い男性は、交際することになると既にその女性を手に入れたと思い、釣った魚に餌をやらないかもしれません。そして常に追いかける対象を他に探し求め続ける傾向も強いことが多いです。そのような男性は、スリルある恋愛には向いている相手でも、人生のパートナーとして絆を築く相手としてどうかは、慎重に吟味する必要があります。

■【疑問3】なぜ男性は、女性の方から好意を持って追いかけると逃げてしまうのですか?

【考察】
 女性からアプローチをしたために逃げたのではありません。単に、彼の好みではなかったというだけに過ぎません。ストレートにこう説明されるとショックかもしれませんが、気落ちし過ぎるのは禁物です。女性も、男性からアプローチされた場合、強く押されたら、どんな相手とでも、何人とでも付き合うわけではないのと同じです。

 たまたまタイミングが悪く、そのとき彼には既に他に好きな女性がいたり、失恋直後の傷心中だったりで、受け入れ可能な状態になかったという場合もあるからです。

 一般的に女性は、誘うこと、断られることに慣れていないために、少ない経験の中から、自分が追いかけたことが敗因になったと考えるのでしょう。男性ならば、追いかけて逃げられるのは、誰もが一度は体験していることです。

■誰だって、愛されている実感を得たい!

 恋愛のテクニックでは、「愛する人=男性」「愛される人=女性」という前提で語られていることが多いですが、本来は男性も女性も、愛されている実感を得たいという願望と、断られ傷付くリスクを減らしたいという気持ちは変わりません。

 いつも男性側が、女性が喜ぶデートプランの作成から告白して断られるリスクまで背負わなければならないのなら、当然、負担は大きいはずです。誰でも、失敗すれば、傷ついたり、臆病になります。男性に常に積極的であることを期待し、自分はリスクを取りたくないと思うのは、もしかしたら、女性のわがままなのかもしれません。男性も、好きな女性が、デートに誘ってくれたり、告白してくれたりすれば、どんなに楽なことでしょうか?

 男性は、積極的にアプローチする女性を敬遠するわけではないのです。自分が相手のストライクゾーンから、どれだけ近いか遠いかは、アタックしてみなければ分かりませんが、試す価値は大いに有りです。好きな人からの誘いを待っているうちに、他の積極的な女性に奪われ、自分をアピールする機会すら持てなかったことを悔やむような人生は面白くありません。たとえ残念な結果に終わっても、納得いく行動を試していれば、早く見切りをつけて次に進めます。

 告白に関しては、知り合って間もなくより、友達以上恋人未満の関係の方が、躊躇することが多いようです。気まずくなって、友情が壊れることを恐れるからです。残念ながら、友愛とエロスは一致するとは限らないので、恋愛に発展するかどうかは、試してみなければ分かりません。まずは提案してみることです。軽い打診で良いでしょう。それが元で壊れるような友情なら、その程度のものだったのです。断る場合も断られる場合も、そのとき、その人の人間性が出るものです。結果がどうあれ、良い人生経験の一つと思いましょう。

 女性も、好意を表現し相手の反応を見ながら、脈ありと感じられれば、積極的に恋愛をリードしてほしいですね!注意すべくは、独り善がりの押し付けや重過ぎる言動に走らないように、常に対話と提案を心掛けることでしょう。これは男女どちらの場合にも言えると思います。

【恋愛:西郷理恵子】

スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31