忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そもそも、男女間に友情は成立するのでしょうか? 成立すると考える人と、友達と思っていたら告白されてばかりで、友情なんて成立したためしがない人との議論は平行線のようですが……。

 “男女間の友情は成立するのか?”――いつも答えの出ない議論になりますね。
男女の友情は成立する、と考える人は、実際にそのような友達を持っているのでしょう。一方、男女の友情は成立しないと考える人は、友達だと思っていたのに口説かれた。そういう経験が心の中で重要な位置を占めているのでしょう。

 実は、男女の友情が成立するかどうかは人による。あるいは、男女の状態によるのです。成立する人は何人も異性の友達を持てるし、成立しない人は、常に男女関係になってしまう。

 では、どんな時に男女の友情が成立するのでしょうか。まず基本として、長続きしている夫婦は「親友のような感覚を持っている」という点を確認しておきましょう。つまり、友達関係のような気持ち自体は、男女間に存在する、ということ。

 ポイントになるのが「恋愛感情」。友達だと思っていたら突然告白されることもあるのが男女。同性の友情とは違う、独特の危うさが男女の友情の魅力でもあります。

 友情を維持できるのか、それとも「恋人か絶縁か」の二択になってしまうのか。その分かれ目は、感情は感情として受け止めつつ、理性的に行動できるかどうかにあります。

 告白された側としての行動ポイントは、一言でいえば断り上手かどうかです。「あなたのことは本当に信頼しているし気持ちは嬉しい。でも、大事な親友でいたい」と、相手の存在を認めつつ、恋愛のみ断るという大人の対応力が問われます。

 告白した側も、相手の回答がNOであっても「はっきり答えてくれてありがとう」と言える度量が必要です。

 こうしたコミュニケーションが成立するためには、お互いに感情面で穏やかで、成熟していて、依存的ではない。そうした精神的な土台が必要です。精神的に成熟した男女間には友情が成立し、未熟だったり依存的な男女間には成立しない。これが真実だと筆者は考えます。

 男性は女性に貸しを作っている方が告白しやすいもの。友達関係を維持したいなら貸し借りなしが原則。逆に男女関係になりたければ女性が男性に頼み事をしてあえて「借りを作る」とよいのです。

 最後にもう一つ。本命のパートナーがいなくて寂しいとき、性的に満たされていないときには恋愛関係になりやすいのです。本命パートナーとの関係は安定していて盤石。その土台があってこそ、ちょっと危うい、男女の友情を楽しめるのかもしれませんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30