忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、元同僚の結婚式二次会に参加したチヒロさん(27歳・派遣)は、彼の馴れ初めを聞いて耳を疑ったという。「合コンで出会った女性に一目惚れして、猛アッタクしたそうです。いわゆる草食系で彼女いない暦20年の彼は、ルックスは悪くは無いけれど、男友だちとつるんでいる方が楽というタイプだったから、本当に驚きました」(チヒロさん)。

チヒロさんの話を周囲の男性たちにしたところ、「男性は、運命の女性や『未来の妻』と感じる女性に出会うと、本能的にスイッチがはいるんじゃないかな。長年つきあっていても結婚を考えられない女性もいれば、出会った瞬間、逃したくない!と思える女性もいるんだよ」という応えが返ってきた。これは本当だろうか? 結婚したくなる女性と結婚に至らない女性の違いは?「運命の女性」出会い、素早い行動で結婚した2人の男性にお話を伺った。

大手メーカーのボストン支社に勤務するユキヒロさん(29歳)は、2年前、妻・レイコさん(31歳)に、2回目のデートでプロポーズ。半年後に結婚している。

「自分で言うのも変ですが、学生時代から途切れることなく彼女はいたんです。でも長続きしないから、結婚しない男とか結婚できない男性って言われていました(笑)。 自分でも、簡単には結婚しないぞ!と思っていたんですけど…」。そう話してくれたユキヒロさんは、英語が堪能で、今ドキちょっと珍しいワイルド系のイケメン。学生時代から海外で働くことを夢見ていたそうだ。

「気持ちが変わったのは、出張で会ったイギリス現地法人のボスに『海外で働きたいなら、海外で生きて行ける女性と結婚することが大切だよ』と言われてからです。ウチの会社の場合、一度海外支社に出たら、5~6年は日本へは戻れないし、海外支社を転々とするようになるかもと聞いていましたから。ボスの言葉には説得力を感じましたね」(ユキヒロさん)。

その後、英会話教室でユキヒロさんが出会ったのが、当時、旅行会社に勤務していたレイコさんだった。2歳年上のレイコさんは、しっかりもので、落ち着いた雰囲気の女性。仕事で、オーストラリアや東南アジアに長期滞在した経験もあった。

「見た目が派手な女の子とか、可愛いタイプの女の子とつきあうことが多かったので、妻みたいなタイプは初めてでした。でも、レイコとなら、海外でも問題なく暮らしていけるって思ったんですよね」。

結婚しない男が一転、電光石火で結婚を決めたのだから、友人も同僚も唖然としたらしい。「妻がいるから、ストレスが多い海外でも、タフに仕事をしていられるのだと思います。なにしろ、妻の方がボストンに馴染んでいますから…(笑)」(ユキヒロさん)。

学生時代から6年間交際してきた女性と別れ、一年足らずで自分と似た環境で育ってきた別の女性と結婚した男性もいる。今年10月、実家のある新潟に転勤になったマコトさん(28歳・デジタル機器メーカー)にお話を伺った。

「学生時代に知り合ったリナとは、本当に仲が良かったし、家にもときどきお邪魔して、お母さんの手料理をご馳走になったりしていました。漠然とですが、その頃は、彼女も僕も周囲も、いずれ結婚するものだと思っていたんです。ただ、地元へ戻ることを考え始めた頃から、東京生まれの東京育ちで、母親と姉妹のように仲のいいリナとの結婚は難しいかもと思うようになりました」(マコトさん)

マコトさんの実家は新潟県内の旧家。「長男のマコトには大学卒業後は地元へ戻って欲しい」というご両親の希望もあり、新潟県内に工場部門を持つ会社に就職していた。「リナと僕の両親との相性も気になりますが、それより地方にありがちな複雑な親戚付き合いや雪国の生活に馴染めるかどうかが気になりました」とマコトさん。


もちろん、都心から転勤で地方へいく人も多いし、東京から雪国へ嫁ぐ女性も少なくない。でも、マコトさんの不安もよくわかる。地方と東京の差は縮まっているというが、それでも、東京の便利さや華やかさは、やはり特別だから。

「リナとギクシャクし始めたころ、社内の研修で知り合ったのが、妻のチアキです」。秋田出身のチアキさんは、雪国の生活も知っている。さらに、「映画『サマーウォーズ』に出てくるような親戚の多い家庭で育った」と聞いたマコトさんは「一緒に生きて行くならこの女性だ!」と思ったそうだ。

リナさんと別れて、1年足らずでチアキさんと結婚したマコトさんを非難する友だちもいるが「これからの生活や人生を考えた時、チアキとの結婚は正しかったと思います」とマコトさんは話してくれた。

学生時代、恩師が「好きなだけでは結婚できないんだよ」とよく言っていた。「結婚するか、しないかは、一緒に生きていけるか、いけないか、ということだからねえ」と。

もし、「長年つきあってきているにも関わらず、彼が結婚について考えてくれない」、あるいは、「結婚の話題を避けようとする」場合は、「本当にこの男性と一緒に生きていけるのか?」と自問自答してみてはどうだろうか? 「たとえ結婚しなくても、彼とつきあっているだけで幸せ」というのなら問題はないが、自分が思い描く人生と、彼が思い描く人生が違うものなら、潮時かもしれない。そして、2011年、自分にぴったりの男性と出会ったならば、電光石火の勢いで突き進みたいものだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31