忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

待っているだけではダメ、


出会いは自分から仕掛けて「発生させる」もの!



婚活とは、出会う機会を作ることがすべてです。

 難しい能書きはいりません。まず人と会うこと。そしてその回転を上げていくことに尽きます。

 婚活の出会いとは、たとえるなら回転寿司屋さんに行って、ひっきりなしに回ってくるたくさんのネタの中から好きなネタを見つけ、見つけられて成立(結婚)するものです。 

 高級寿司店で悠長に、ぽつりぽつりとネタを選んでいる場合ではありません。

 とにかくたくさんのネタと会うこと。もっと言えば、自分自身が寿司ネタになって廻るくらいの気持ちになることが大切なのです。

でも、こんな声も聞こえてきそうですね。

「異性の少ない職場なので出会えない」
「周りは既婚者ばかり……」
「会う人が固定化していて、新しい出会いがない」

 などなど。

 みなさんの嘆きはわかります。

 そこで今日は、出会いの発生のさせ方のコツをお教えしましょう。
急がば回れ! 結婚相手より、
あなたの「結婚セールスマン」を探せ

 そのコツとは、“いきなり相手を探すのではなく、まず、あなたに相手を紹介してくれそうな人を探す”こと。

 私はこうした人を「結婚セールスマン」と呼んでいます。

 あなたに代わってあなたを異性に売り込んでくれる人、出会いをセッティングしてくれる人を探すのです。

今まで、「結婚相手になりそうな人はいないかな」と思って周囲を見まわしたことはあっても、「結婚セールスマンになってくれる人はいないかな」と思って周囲を見まわしたことはないのではありませんか?

 今すぐ、「俺の(私の)結婚セールスマンになってくれそうな人はいないか」という視点で、一人ひとり、あなたの身の回りの人を思い浮かべてみましょう。

 あなたの友だちはどうですか? 

 あなたの知人、同僚、上司は? 

 その人の配偶者は? 

 もちろん親・兄弟、親戚もあり。

 行き着けのお店の人は? 同級生は?
結婚相手そのものを探すより、
紹介者を探す方が格段に簡単

 私が、「まず、結婚セールスマンを探せ」と言うのは、結婚(交際)相手を探すより、結婚セールスマンを探す方が格段に簡単だからです。

 結婚(交際)相手の場合はまず、異性でなければなりませんよね。さらに既婚者は対象から外れます。そう、「異性で未婚」だけが対象です。あなたの周囲に何人いるでしょう? 

 一方、結婚セールスマンは同性・異性・年齢を問いません。もちろん未婚・既婚どちらもOK。つまり、あなたの周囲の人、すべてが結婚セールスマンの候補なのです。

 特に、既婚者は、人脈もあり、結婚に対していい意味でおせっかいな傾向もあるので結婚セールスマンとしてお勧めです。

「周りは既婚者ばかり……」と嘆いていた方も、結婚セールスマン探しにおいては有利な位置にいると言えそうです。

さらに、結婚(交際)相手としていいなという人が見つかったとしても、振られてしまったら、また新たな方を探さなければなりませんよね。

 しかし結婚セールスマンなら、異性を紹介してもらって、それでうまくいかなくても、「また紹介してください」と、同じセールスマンに再度紹介をお願いすることができます。

 つまり、一度、結婚セールスマンを見つけてしまえば、繰り返し活用できるのです。
頼みかたは軽く明るく、
「異性に飢えている」と思われないように

 結婚セールスマンになってくれそうな人には、なるべく軽く明るく、結婚相手を紹介してくれるよう頼みましょう。

 スポーツクラブで言葉を交わす程度の人など、接点の薄い人ほど、ずばり、

「婚活中なので、いい方いたら紹介してください」

 とストレートに言いやすいと思います。

「え? ○○さん婚活中なの?」

 と聞かれたら、

「最近まわりがバタバタ結婚していて。祝儀ばかり包んで大赤字なんで、黒字に挽回しようと思ってるんですよ」

 などと言えばOK。ちょっと年齢が上の方は、

「ずっとのんびり構えていたんですが、最近親友が結婚したので、急に危機感が出てきちゃって」

 など。これくらいのニュアンスなら、「この人、異性に飢えている」とは誰も思いません。


結婚セールスマンが友人・知人の場合は、それぞれのキャラクターに合わせればいいのですが、たとえば

「考えてみれば、結婚してないのって、俺だけなんだよな」

 と話を振ってみるのもいいでしょう。

 特に親しい友人の場合に有効なのは、

「俺も婚活しよーかなー。もし女性との飲み会設定してくれたら、お前の分はおごるよ」

 と言ってみることです。

 必要経費は居酒屋ならせいぜい8000円程度。人生を左右する出会いへの投資と思えばタダみたいなものです。頼まれた友人もこの不況下ですので、おごりということであれば満更でもないはずです。

 友人の奥さんも巻き込んで、奥さん込みで飲み会や遊びの会を開いてもらうのもいいですね。もちろん、奥さんの未婚の友だちを連れてきてもらいます(この場合、奥さんの費用もおごりにします)。

 ただし、この「紹介してくれたらその場の飲み代は(紹介者の分は)タダ」は親しい友人だけに使うこと。知人程度の人に「おごるから誰か紹介して」と言うのは、ガツガツしすぎで人間性を疑われる危険があります。
新年会の席で
「婚活宣言」してしまうのも有効!

 また、今の時期ならではのワザもあります。

 新年会で今年の抱負として、「婚活します!」とみんなの前で宣言するのです。

 勇気がいるとは思いますが、一度に、複数の結婚セールスマンを獲得できる、またとない機会です。お酒の席の勢いを借りてがんばってみる甲斐はあります。

「今年中に結婚する!」
「え? ○○さん相手いたの?」
「いるわけないだろ! これから探すの!!」

 ……これで前ふりはOK。

 その場の空気次第で、「誰か紹介してください」と畳み掛けるのもありですし、それは後日にして、「え? あの話、本気だったの!?」と言われたら明るく、「△△さんだけが頼りです!」と答えるのもよし。

「俺には結婚セールスマンなんていない」と簡単に諦めてしまう前に、よく周囲を見渡しましょう。本当に一人ひとり、この人はどうだろう? この人はどうだろう? と考えてみてください。
待っているだけでは出会いは起きない
出会いは「発生させるもの」

 前回のこの連載でお話したように、今は、みんながみんな、結婚できる時代ではありません。

 恋愛能力のある人を除いて、普通に生活していたら、素敵な人が向こうからやってきて……ということはまずないのですから、結婚セールスマンを探すくらいのがんばりはなんとかお願いします。

 それでも、直接、相手を探すよりはずっと楽なのですから。

 出会いとは、待っているものではなく、発生させるもの。

 ただ待っているだけの人は、受験勉強をしないで志望校に入ろうと考えている受験生と同じです。目指す志望校は、勉強しないと入れませんよね。


職場の隣・向かいに座っている人。

 同じフロアの人、エレベーターでよく一緒になる人。

 上司、社長。

 トイレで隣になった人、警備のおじさん。

 行き着けの定食屋の女将……

 あなたの結婚セールスマンはきっと見つかります!

 周りを味方につけて、たくさんの出会いを発生させましょう。

 次回は、30代の普通の女性が玉の輿に乗った実話をもとに、出会いについて引き続きお話したいと思います。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30