忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世の中には、一見モテそうに見えないのに異性から大人気の人もいれば、条件はとてもよいのにまったくモテない人もいます。そこで、恋愛がうまくいきやすい人とうまくいきにくい人の行動の違いを、私四条さやかがいくつかピックアップし、解説をしていきたいと思います。
なんでもない行動が恋愛を進める

 恋愛がうまくいかないのが外見のせいでは? いいところに勤めていないと相手にされなそう……などと恋愛をする上で、自分のスペックを気にする人が意外と多くいるようです。しかし、一見、恋愛をする上では条件が悪そうに思えても、実際にはモテる人がいます。恋愛も人づきあいである以上、ちょっとした行動、心構えで相手とうまくいくかどうかは変わってくるのです。
1.見た目に気を配っているかどうか

 恋愛がうまくいく人の特徴の一つに、見た目にまで気を配っていることが挙げられます。もちろん、これは生まれつきの造作ではなく、相手からの印象や工夫できる服装などに気を配っているということです。
 心理学者松井豊と塚田裕子両氏が、外見と素行の評価の関係に関する実験を行っています。同じ人物でも外見が整っているときと、髪などが乱れているときでは、外見が整っているときのほうが、人間的に高い評価を受けることが分かっています。それだけ、視覚からの情報は相手に与える影響力が大きいのです。
 清潔感のある服装をすることで、相手に好印象を与えることもできますし、見かけに手を加えることで、自分の印象をコントロールすることもできます。スーツ姿の人とパンク風な格好の人では、やはりスーツ姿の人のほうが真面目、パンク姿の人がワイルド……など人は外見に印象を左右されやすい傾向があるからです。また、自分の身なりが整うことで、自分に自信を持てるようになるという心理的なメリットもあります。
2.本当の自分を見せているかどうか

 きちんと「自己開示」http://cobs.jp/love/daijiten/2011/06/post-5.htmlできることも、恋愛上手な人のポイントです。心理学では、相手に自分のことについて話をすることを自己開示と呼びます。人は自己開示を受けると、相手に好意を持ち、また相手にも自分のことを知ってもらおうとすることが分かっています。また、本当の自分を伝えることで、本人もリラックスして相手に接しやすくなります。そのため、恋愛を進める上では、欠かせない行為になるのです。
 しかし、恋愛下手な人の中には、自分のプライベートの話を避けようとしたり、逆に自分のいい話ばかりをしてウソの自分を見せようとする人がいます。これはある意味、相手を本当の自分に触れさせないガードのようなもの。自己開示ができていませんから、コミニュケーションも進まず、相手からの自己開示も難しくなります。きちんと自分を見せられる人、その場の状況を考えながら、自分のことを相手に伝えていくことがモテることにつながるのです。
3.ポジティブな言葉を発しているかどうか

 恋愛上手な人の特徴の一つとして、ポジティブな言葉を発することが多いということが挙げられます。同じ状況でも、ポジティブな言葉を発する人、ネガティブな言葉が先に出てくる人がいます。心配性な人や完璧主義者な人は、「ダメ」、「難しい」、「~しなくてはいけない」などネガティブな言葉が多くなりがちです。
 しかし、マイナス点ばかり指摘したり、うまくいかないことを前提に話をしている場では、自分も含め、人の気持ちはどうしても悪いところに向きがちになります。すると前向きな気持ちになれないため、恋愛も停滞しがちに。また、人は心地よい状態を好みますから、気持ちが落ち込む言葉を発すると人は遠ざかりがちです。ネガティブな言葉だけを発していないか考える必要があります。
4.頼みごとをしてるかどうか

 「それとってもらっていい?」、「ここを教えて」など、相手が負担に思わない小さな頼みごとをよくするのも、恋愛上手な人の特徴の一つです。実は頼みごとは、相手と自分からかかわりを持っていく積極的コミュニケーションの一つ。頼りごとは基本的に認めている相手にするので、相手を認めていることを伝えられますし、相手の自尊心を満足させることもできます。
 また、心理学の認知的不協和理論では、行動と考えが矛盾した場合には、行動に合わせて考えを変えるとされています。そのため、頼みごとをかなえてもらうことで、「嫌いな人に手を貸すわけがないし、手を貸したということは、相手に好意を持っているのではないか」と心理的に感じさせることができると考えられるのです。
 また、相手に頼ることで、本音や弱さを見せやすくなり、自己開示が進むというメリットもあります。
5.2度声をかけるかどうか

 恋を苦手とする人の中には、一度声をかけてうまくいかないと、そこであきらめてしまう人が多いようです。しかし、恋愛がうまくいく人は、そこであきらめないのが特徴です。
 例えば、落ち込んでいる人を見かけて、声をかけたとします。すごく親しくない限り、相手は「大丈夫」と答えがちです。しかし、心の中では「本当は大丈夫じゃないけど、相談して大丈夫かな?」と迷っていることが多いのです。
 また、告白しても「すぐには答えられないから……」と踏ん切りがつかず、迷っているためにノーを言うケースがあります。そんなときに、もう一度声をかけることで、自分が本気であることを伝えられますし、「そこまで言うのなら」と相手の踏ん切りをつける理由を作ることができ、一歩関係が親しくなれることがあるのです。ただし、逆に言うとこれ以上しつこい場合は、相手の好感度を下げ、恋愛をうまくいきにくいものにしている可能性があります。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31