忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誕生日やクリスマス、付き合って○周年など、カップルでプレゼントを贈り合う機会は年に数回あるはず。本来なら喜ぶべき記念日が、プレゼントを外しただけで、どんよりと重い空気に……。

 「あなたがくれるものならなんでも嬉しい」とはきれいごと。実際には、もらって困るプレゼント、怒りがわくプレゼントもあります。

 「他人の振り見て我が振り直せ」。プレゼントで嫌な思いをしたエピソードを集めてみました。

■パターン1:明らかに手抜き

 せっかくのイベント。期待し過ぎると痛い目に遭いますが、「いくらなんでもこれは……」という手抜きプレゼントを贈っていると、相手は「愛情を感じない」と思ってしまいます。

○会社に落ちてた!?
 「付き合って最初のクリスマスにもらったのは、彼の会社のロゴ入りの置き時計。どう見ても、会社に落ちてたノベルティ……。確かにうちには目覚まし時計がないからほしいって話したけど、あまりにもケチでがっかり」。

○ゆっくり食事のはずが……
 「彼女に誕生日プレゼントのリクエストがないか聞かれたので、『プレゼントは要らないから、ゆっくりと食事がしたい』と答えたんです。当日、彼女の家に招かれ、出てきたのは冷たい弁当とコンビニのケーキ。プレゼントだと思って、そこは頑張ってほしかった」。

■パターン2:重い

 「あなたのためを思って」「自分のことをわかってほしい!」そんなプレゼントの体で気持ちを押し売りしていると、「重い」と思われて当然です。

○読んでぐったり
 「絵本。自作絵本だったから作るのに時間が掛かったのは分かるけど、ストーリーが重すぎて束縛されてる気分になった」。

○手編みのセーター
 「前々から重いのは嫌だと言っていたのに、ボロボロなうえに名前が入った手編みのセーターをもらった。『どこにも着ていけない』と言ったら、泣き出してしまって困った。手作りを喜ぶ男は結構多いけど、嬉しくない男もいることをわかってほしい。『私が心を込めて作ったものだから喜んでくれて当然』って自分本位過ぎるでしょ」。

■パターン3:相手のことを考えていない

 自分が良いと思ったものが、必ずしも相手にとって良いものとは限りません。相手の趣味嗜好やライフスタイルを考えないと、もらって困るプレゼントに。

○コーディネートしづらいアクセサリー
 「手持ちの服と合わせづらいアクセサリーは困ります。もらった以上は恋人と会うときに着けないと悪いと思うけど、組み合わせに困るので。難しいかもしれないけど、買うなら合わせるところまで考えてほしい」。

○置き場に困るプロ仕様
 「付き合って最初のクリスマス。『安くてもいいから指輪やペンダントみたいに、いつも着けられるものがほしい』とリクエストしていたにも関わらず、くれたのはプロ仕様の巨大なフードプロセッサー。その理由は『これで料理を作ってほしいから』。確かに便利だけど、収納がないワンルームでは置き場に困るし、自分のことしか考えていない贈った理由にも腹が立った」。

■パターン4:無神経

 相手がコンプレックスに思っていることに触れたり、言わなくてもいいようなことをわざわざ言ってみたり。相手の神経を逆なでするようなプレゼントは、ケンカの種に。

○いいと思ってくれたのかもしれないけど……。
 「高機能体重計! 太ったのを気にしていたので余計に嫌だった。しかも30才のアニバーサリー。ムダに高機能でまぁまぁ高価だったこともあり、憤慨するまで葛藤させられたりしましたが、相手はなんで怒ったか理解できなかった様子でした」。

○値段をアピール
 「腕時計をもらったんだけど、『プレゼント費を奮発した』という自慢は余計だった。あまりにしつこく言うから腹が立って、後日買ったお店に値段をチェックしに行ったら、自分があげたNintendo DSのほうが断然高かった」。

■パターン5:金銭感覚が狂っている

 プレゼントを用意するためには、先立つものが必要。それをどう工面したかによって、どんなに素晴らしいプレゼントでも、嫌悪感を抱く対象になります。

○予算がなくなった理由にがっかり
 「『予算内ならなんでも買ってあげる』と言われたので、ほしかったバッグをおねだりしたのに、当日もらったのは安っぽい化粧ポーチ。なんとパチンコで散財してしまい、急遽パチンコ景品になったそうです。バッグがもらえなかったことより、プレゼントの予算までパチンコで使い込んでしまったことにがっかり。『最初から言うなよ!』って感じです」。

○お金の出所に愕然
 「結婚を約束した彼女は、記念日が大好き。毎回プレゼントに力を入れるのはいいんですが、今回もらったブランドのコートは明らかに彼女の経済力では買うのが難しい高価なもの。お金をどう工面したのか問い詰めたら、『実は風俗で短期バイトをして』と告白。正直、そこまでして高価な品物はほしくないし、結婚後もお金が足りなかったら風俗でバイトをしそうな短絡的な彼女に幻滅し別れました」。

■パターン6:もはや恐怖

 プレゼントというより嫌がらせ。その情熱を別の道に向けることができれば、そこまで思い詰める必要はなかったのではないでしょうか。

○ぬいぐるみと見せかけて……
 「ぬいぐるみをもらって数日。嬉しくて抱っこしてたら、中に機械っぽい固いものの感触が……。どこかを押すとメッセージや音楽が流れるのかと思い、ボタンを探しても見つかりません。その話を友だちにしたら『盗聴器じゃない?』と冗談のように言われたんですが、急に怖くなって中を開けたらビンゴ。私が浮気をするんじゃないか不安で、盗聴器を仕掛けたそうです。もちろん別れました」。

■普段からパートナーの動向をチェック

 一緒に買い物に行ったとき「これいいなあ」と言いながらも買わなかったり、友だちがもらったプレゼントの話をしてしきりに羨んだりしているのは、「自分はこれがほしい」と言っているサインかもしれません。

 特に記念日の1ヶ月前には、それとないヒントがたくさん。見逃さないよう注意しましょう。本人はそれをもらえる気でいるので、違うものが出てくるとがっかりします。

 相手がほしいと思っているものや、意外性があってもセンスに合うものが、喜ばれるプレゼント。「あなたのことをちゃんと見て考えて選びました」というメッセージが伝えられるプレゼントを選べると良いですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30