忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





壁にもたれた女性に片手をつきながら話す男性。徐々に顔を近づけ突然のキス・・・。ドラマでは交際前の男女がキスを通して親交を深めるシーンをよく見かけます。うらやましい限りですね〜。
これを現実の世界で行うのはかなりのリスクが生じるでしょうが、チャンスをみすみす逃すのももったいないですよね!
そこで、今回は突然キスをした後、ふたりがいい雰囲気に包まれるようなスマートなひと言を考えてみました。


【1】(耳元でささやくように)「好きだよ。」
告白する場合はこんな演出が効果的。
突然のキスの後、最もロマンチックな思いを伝えてみましょう。
非日常的でドラマチックな状況に、思わずOKしてしまう女性は少なくないでしょう。
ポイントは役者になりきること。ヘタな照れは女性を興ざめさせてしまうので要注意です!


【2】「ずっとキスしたかった・・・。」
恋人関係ではないけど、お互いに好印象を抱いていたというふたりにはこんなセリフがグッとくるようです。
とはいえ、この後きちんとした告白があってのセリフなので、出来心でしてしまった場合は口にしない方が賢明でしょう。


【3】「なぜだか急に君が愛おしくなって・・・。」
これも告白を前提としたセリフ。「この後ギュッと抱きしめられながら『好き。』と言われたら最高・・・。」という意見もあるほど、ムード作りが大事なようです。
ただしこちらは役者になりきりすぎるのは禁物。こんなドラマのようなセリフがうまいと、色んな女性に同じことを言っているような印象を与えます。


【4】「好きな気持ちを抑えきれなくて・・・。」
女性によっては素直な気持ちを伝えてくれたら許してしまうという人がいるようです。
ただ、何でもぶっちゃければよいのではなく、あくまでその人の人間性次第。日ごろの行いから誠実そうなイメージがある人が言うと効果的なようです。


【5】「スキ有り!」
普段からノリのいい人はちょっとおふざけの要素を交えるのもアリかもしれません。日ごろからわりとスキンシップを取る間柄の関係なら成功確率は低くないようです。
仲がいいものの男女の関係になれない相手には、こういう思い切りも大切です。


【6】「ごめん・・・けど、もう一回してもいい?」
謝罪の言葉はヘタすると出来心でキスしたと思われますが、言い方によっては「あなたが好きでどうしてもキスしたかった」という強い気持ちを伝えられます。
ただ、疑問系のセリフは相手が「YES・NO」で答えられるため、断られるリスクもあります。


【7】「唇がかわいいから、キスしちゃった。」
相手を褒めることで雰囲気を良好にするパターンです。
女性はどんな恋愛的な行為にも理由を求める傾向にあるので、褒めるのは非常に効果的。
相手がお酒に酔って少し心を許しているときなど、緊張してないタイミングで実行すれば成功確率が高まるでしょう。


【8】「あなたに触れたかった。」
欲に負けてしまったことを素直に伝えるのもひとつの方法です。
こんな風に大人っぽく発言してみてはいかがでしょうか。相手に与えるマイナスイメージが軽減されるだけでなく、「大人として接してくれた・・・。」という喜びを感じてもらえる可能性もあります。


【9】「チュ〜したくなっちゃた。」
女性の中には「子どものように甘えられるとつい許しちゃう。」という人もいます。
キスの後、相手にかわいいと思ってもらえれば雰囲気は悪くならないでしょう。ただしこの発言によりムードが壊れる可能性もあるので、甘える男性が好きかどうかは事前に調べておくのが賢明です。

みなさんは、このほかにどんなひと言が思い浮かびますか。経験と想像、どちらも結構ですので、ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30