忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




社会的な地位と多くの財産を築きながら、内面は知的でカジュアルでほどよくフェミニストな――たぶん、最高級にモテるであろう男性の代表選手のような40 代の友人(というか、兄的存在)がいる。仮にAさんとします。Aさんはつい最近、これまた世の中の男性すべてが憧れる美貌を持ち、よほどの自信と実績を持つ男しか近づけないような30代の美女と結婚した。

 彼とある時、ランチを食べていると、話題は女性の強さに及んだ。

■男性は弱い女の方が好き、という嘘

 彼が現在の妻と出会う以前に付き合っていた女性――やはりその世界では名をなしている著名な美女の話になった。仮に彼の妻となった女性をB子さん、元彼女をC子さんとします。

 女性が仕事をすることは当たり前の時代になって久しい。とはいえ、仕事で自分以上に成功を収めていることを受け容れられる男性はまだまだ少ない。名も財もなしているAさんにとっては、女性が仕事で成功していること、それ自体は問題ないし、むしろ良いことだと思っている。だけど、元彼女、C子の持っている“過度な強さ”がどうしても受け入れられなかったのだという。

 「強過ぎる女性は苦手だ」と多くの男性が言う。けれど、依存心の強い女性や、弱い女性が好きなわけでもないという。「強い女は好きなんだよ。でも、その強さにも種類があるんだ」とAさんは言う。

■成功している女性の強さは2つのタイプに分かれる

 それって、どういうこと? 曰く、元彼女のC子さんが仕事で成功していたことは尊敬していたし、恋人として誇りに思っていた。けれど、何でも自分で進めてしまうところが気になったのだという。たとえば、新しい事業を始める時も、彼に相談のひとつもない。相談したとしても、アテにしない。自ら市場調査に出かけて、スポンサーを捕まえてくる。

 プライベートでも、どんどん新しい趣味を見つけて楽しんでいる。中国茶に、お能に、海外旅行、Twitter……。

 忙しい男にとって、恋愛が全てになってしまう女性を恋人にするのはつらい。自分の生活を楽しんでいる姿は魅力的でもあるけれど、何だか腑に落ちないような気持ちになるのだと。

 「要するに、入り込むスキ間がないんだ(笑)」
 
■完璧だから、愛されるわけではない

 一方、彼の妻となったB子は、そうではない。基本は自立していて、誇り高い女性ではあるけれど、ここぞという時は何かと頼ってくるし、相談してくるし、男がやってくれたことに関して喜んでホメてくれるのだという。

 「今の彼女は何を相談してくるの?」と聞くと、「大したことじゃない。次のプロジェクトの相談とかもあるけど、パソコンの使い方教えて!みたいな些細なことも多い」

 男は必要とされたい、役立ちたい生き物なんだということは知っていたけれど、それはどんな年齢を重ねても、どんなポジションが高い男性でも変わらないらしい。何かやってあげたいし、ホメてもらいたいのだ。無力で簡単な女には興味がない。一生懸命生きているし、自立もしている。女性として人として努力もしている。楽しそうに日々を過ごしているけれども、それでもくじけることがあるし、スキもある。そういう女に男は頼って欲しいのだ。

 他にも、愛される強い女と、愛されない強い女の違いは歴然とある。

■頭の良い女がやりがちな「説教」

 「妻と元彼女は、“説教するか、しないか”の違いもあった。妻はケンカもディベートもするけど、説教はしない。でも、元カノはケンカすると説教するんだよね。オレの間違いを指摘して、自分を正当化するんだ。そういう強さは怖い(笑)。自分に厳しい分、人にも厳しくなっているんだなぁと思う」

 知識と経験が深まると、ついつい説教してしまう人はたしかに多い。女としては、決して見下しているつもりはない。説教というよりは世話焼きであり、ある種の愛情表現なのだけれど――。それを説教と捕らえるのが男性であり、説教されるのが好きな男は稀有だ。自分の専門ジャンルやテリトリーならなおのこと、プライドを持っているもの(持っていないとしたら、むしろダメ男)。絶対に、そこに踏み込まないこと、意見しないことが大切だ。

 しかも、そのアドバイスが田舎のオバちゃんや経験不足な若い女の勘違いなら許せるものの、強くて博学な女の的確な意見ならば、なおさらへこむのが男というものだから。

■不器用ゆえの意地っ張りは伝わらないことが多い

 過度な強さは、見た目にも現れる。強すぎる女は、ぴりぴりした空気を醸している人が多い。同性の目にはそれがカッコよく、まぶしく見える場合も多々あるけれど、恋愛においてはマイナスに働くことも多い。

 2人の強い女の差異を聞きながら、B子さんは、半分は確信犯かもしれないと思う。一方、C子さんは不器用で意地っ張りなところも往々にしてあるのかもしれないと。同じ女として思うのは、本当に完全無敵に強い女なんていないということ。肩肘張って、強がっているところが、曲解されている。

 「強い女だからこそ、自分の弱さをさらけ出せる場合と、強い女だからこそ、自分を見せられなくなる場合がある」とAさんはいう。それは、その女性に人間的なスキがあるかどうかの違いなのかもしれない。そのスキとは弱さのことだけじゃなくて、心の余白の問題なんじゃないかと思う。誰にでもある女としての弱さをちら見せできるかどうか、能ある鷹として爪を隠せるかどうかも、たぶん、心の余白の問題なのだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31