忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 肉食系女子なんていう言葉まで登場し、恋に積極的な女性がクローズアップされている昨今。男性が告白してくれないのなら、自分から告白していくという女性も増えているようです。でも、乙女心としては、やっぱり男性から告白して欲しい! そこで、今回は心理的に「男性が告白したくなるとき」を、私四条さやかが分析し、告白してもらいやすくなる方法をアドバイスしていきたいと思います。
男性が告白したくなる5つの条件

 どうやったら、男性のほうから告白する気になってもらえるか……。その答えは、逆に男性がどうして告白しないのか、告白をやめるのかを考えることで、見つけ出すことができます。それでは、男性が告白しようかと思う5つの状況とは、どんな状況でしょうか。
1.必ず相手からOKをもらえそうなとき
 男性が告白しない大きな理由の一つにあるのが「断られたときのショックが怖い」、「断られたら、今の関係も崩れそう」というもの。振られるのはプライドが傷つくという人もいるでしょう。こんな気持ちは女性だって分かりますよね。
 これは逆に言うと、告白したらOKをもらえると分かっているのなら、告白しようとする男性がいるということ。それなら、あなたのほうから特別な感情を持っていると伝えていくといいですよね。あなたも好意を持っていることが伝われば、彼が告白してくれやすくなると考えられます。
 「一緒にいると楽しい」、「もっと一緒にいたい」と伝えたり、自分から遊びに誘う、さりげなく手を握るなどして、相手に好意を持っていることを伝えていきましょう。「男性から告白してもらったらうれしいよね」など告白を待っていることや、自分に今、彼がいないことを伝えるのも忘れずに。
2.ライバルの脅威を感じたとき
 男性の中には「いつかは告白しようかと思うけど、しばらく様子を見たい」、「今すぐ告白する必要性があると思えない」と考え、告白をダラダラ延期してしまう人もいます。
 しかし、これが他の男性に相手を取られてしまう、という状況になったらどうでしょうか。行動しなければ、彼女を取られてしまい、今の関係が壊れる可能性があるとなれば、早めに告白しようという人も出てくるはず。 これには、ベタですが「他の男性に飲みに誘われて困っている」等、他の異性が狙ってきていることを伝えるのが一番。
 相手が恋愛行動を取ってきている……なんて大きなウソをつく必要はありません。単に、今の状況ではいつか他の男性に取られてしまう可能性があるんだ、と感じさせることがポイントです。
 ただし、別の男性に対して、少しでも好意を持っているそぶりを見せるのは避けるべき。上でも述べていますが、女性の気持ちが他の男性に傾いていて、振られる可能性があると感じると、かえって告白してもらえなくなる危険があります。
3.ムードが盛り上がったとき
 男性の中には「告白はしたいけれど、タイミングがつかめない」、「どうやって告白までムードを盛り上げていいか分からない」ために、いつまでも告白に踏み出せない人も。
 確かに、ハプニングはつきものだし、告白をするような雰囲気に持っていくのってすごく難しいものですよね。逆に言えば、告白に絶好のタイミングがやってきて、しかもすごくムードが盛り上がっていたら、告白してくれる人もいるということ。ムードある場所で二人きりになれるように誘導したり、さりげなく手を握ったりして、雰囲気を盛り上げるのは、女性のほうからもできることです。
 ただし、このときのポイントは、少しずつその場のムードを盛り上げていくこと。告白できそうだと感じさせ、告白する覚悟をつける時間を用意してあげて。
4.自分に自信が持てたとき
 振られたときのことを考えて告白できない男性がいるため、きちんと好意を伝えるべきだという話は上でも述べました。ところが、自分に自信がない状態だったり、もともと自分に自信が持てていない人だと「相手にふさわしくないのではないか」、「付き合ってもすぐに振られてしまうのでは?」、「他の異性と比べられたら勝てない」など自分を卑下して、告白できなくなる人も。
 こういったパターンでは、単に好意を伝えただけでは、動いてくれない可能性があります。この場合は、相手に自信を持ってもらうことが告白への近道。相手のいいところをみつけて褒めたり、運がいいところを指摘してあげたりしましょう。
 自分に自信がない状態では、気持ちに余裕が生まれませんから、普通の人でもなかなか告白できないもの。相手に自信をつけさせてあげるのは、自信がない異性以外にも効果的です。ただし、調子に乗らせると逆効果なので、その点は注意を。
5.未来が想像できたとき
 今の状況に満足しているので、わざわざリスクを冒してまで告白をする必要性を感じないという男性もいます。そんなケースの対策としては、恋人同士や夫婦になった未来を想像させ、告白後への期待を膨らませるという手があります。
 「彼女と夫婦になったら毎日楽しそう」、「彼女と恋人になったら、こんなふうに二人で過ごすのもいいな」など未来を具体的に想像させることで、危険を冒してもきちんと恋人同士になったほうがいいと感じさせるのです。そのためには、「ああいう夫婦になりたくない?」、「子供をつれて遊びにくるのにはいい場所だよね」、「恋人と毎年ここでクリスマスを過ごすのが夢なんだ」など自分を当てはめて未来を想像してもらえるような発言を。相手に好意を持っていることも伝わるので、一石二鳥ですよね。
 もちろん、男性と言っても性格や価値観はそれぞれ。必ずしも100%告白してくれるようになるというわけではないでしょう。でも、逆に言うと、他にも男性が告白しようかと思う状況はいくつもあるはず。告白して欲しいと思うのなら、ただ願うだけではなく、男性が告白しやすくなるように、女性側からも気を配っていきたいですね。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31