忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



30代のみなさん、こんにちは。ここでは、今日から30代のための恋愛講座をはじめます。30代のための…と銘打ってはおりますが、「もう少しで30代に突入だわ」と思っている28~29才のみなさまも、どうぞいっしょにご参加ください。
恋愛に年齢は関係ない!?
 さて、いきなり自分で考えたコラムのタイトルを否定するわけではありませんが、30代のための―とはいうものの、恋愛に年齢など関係ないような気もしています。

 そう、やはり、恋愛する気持ち、だれかを恋する気持ちに年齢は関係ないと思うのですが、少なくとも恋愛する「姿勢」は、10代、20代のころと、30代とでは違ってくるのではないかと考えるわけです。

 たとえば、独身の女性が29才になると、
「どうしよう…。もうすぐ30才だよ。結婚して、子ども産むこととか考えないとまずいよね? っていうか、その前に彼氏もいないんですけど。付き合ってから、結婚するまでに2年ぐらいかかるとして…。やばい、逆算したら、今、彼氏をつくっても結婚するのが2年後になっちゃう。どうしよう~」
というようなことを考える人が多いものです。なぜ、多くの女性が「30才までに何とか結婚などをしておいたほうがいい」と考えてしまうかというと、それは男性のせいではないかと私は思います。自分自身、28才ぐらいのときから、男性に、
「あれー、もう30才になってたっけ?」
と、からかわれるようになり、
(へえ、男の人って20代と30代とで、女を見る目が変わったりするのかな)と気づかされたこともありました。

 そして、いざ、誕生日を迎え、実際に30才になってしまうと、
(なんだ。30才になったからって、どうなるわけでもないんだ。もう、あせらずにのんびりやろう)
と、かえって気分が楽になってしまった。周囲の友人に聞いても、みな一様に、
「なんか、聞くと見るとで大違いじゃないけど、30代になったほうが気が楽だねー」
といいます。

 気楽になるのは「彼氏がいない問題」だけではありません。恋愛だけでなく、すべての分野に、何に取り組むにしても、じょじょにじょじょに、気持ちをゆったりかまえることが可能になっていきます。
恋愛する姿勢は変わっていく
 たとえば、仕事上でトラブルが起きたとき、20代だったら、
(どうしよう、こんなミスをしてしまって。私、仕事なくすかも・)と、あせってパニックになってしまうような場面でも、30代なら(あー、まずいなぁ。でも、まあ、これをこうしてああすればOKかな。△△さんだったら、ちゃんと事情を説明して謝罪すればわかってくれるだろう)と、モノゴトを冷静に判断することができてしまうのです。

 また、結婚している友人を見ていると、30代で母になった女性の子育てには気持ち的にゆとりが感じられる。もちろん、個人の性格も関係しているでしょうけれど、30代ママの多くが、子どもに対して、大らかな気持ちで接しているように見受けられるのです。友人いわく、
「20代のママは、体力があるから、ワーッと子どもとケンカしたり、ぶつかりあいながら勢いで子育てできるけど、30代は体力がちょっと衰えてるからね。子どもと遊ぶ体力が、20代ほどはないし、そのぶん、気持ちの大らかさでカバーしないと」とのこと。

 しかし、モノゴトには良い面と悪い面があるもので、30代のゆったりかまえる「姿勢」が、恋愛面で大いに発揮され「まだいいか」「いつかどうにかなる」と後手後手にまわることにもなりかねないのです。

 20代後半のときは、恋愛の優先順位が4位か5位だったのに、30代になると、それが一気に8位、9位まで落ちてしまうこともあるのです。

 そして、20代のときに恋愛に関してのんびりしていた人が、30代になると「恋愛する姿勢」が、さらに、ますますのんびりしてしまうような気がするのです。
  ですから、そういった意味で「恋愛する姿勢」が30代になると変わってくる…と私は考えています。
自分の恋愛性格を探ろう
 つまるところ、30代になったら、恋愛について(最終的には結婚について)「のんびりかまえる」のではなく、あれこれと考えてみないといけない。これまでの自分自身の恋愛を振り返り、分析してみたほうがいい。その上で、今後は「こういう相手を探そう」と自分で自分の背中を押すぐらいの積極的な気持ちを持たないと、恋愛に向かう姿勢がどんどん猫背気味になってしまうような気がするのです。

 そこで「30代のための恋愛講座」では、第一段階として、自分自身を、そしてこれまで付き合ってきた恋人、自分の恋愛を「SM的観点」から分析してみるところからはじめてみたいと思います。 

 SMといっても、ぶったぶたれたの話ではなく、Sっぽい性質の持ち主か、Mっぽい性格なのかを考えていくということです。基本的な性質をお話すると、Sっぽい人は、自分をちゃんと持っている(仕事ができる、できないというよりは、生き物として動物的な強さがある)という特徴があり、Mっぽい人はマジメで理性的、だれとでもうまく仲良くやっていこうと努力する責任感が強いという傾向があります。

 自分がMっぽいのか、Sっぽいのかによって、相手との相性もだいぶかわってきますが「果たして、私はMなのか、Sなのか」そこがわからないという女性もけっこう多いものです。というわけで、SとMの性格の違いについてお話しつつ、SM判断ができるようにしていきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30