忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



前回は、男性が年上の場合の「年の差結婚」について書いてみましたが、今日は女性が年上の場合の年の差結婚について考えてみたいと思います。

 私の周囲を見てみると、最近、女性が年上のカップルが増えてきているなぁとひしひしと感じます。そうですね、たとえば、女性が7才年上、8才年上、11才年上、12才年上のカップルがいます。余談ですが、うちもD(ダンナの略)が4才年下です。

 女性が年上カップルの初婚年齢は、女性が30代後半という人が多いようです。

年上妻をもつ男性の意見は?

 さて、年上の女性と結婚した男性の側の意見を聞いてみると、
「妻が年上で、しかもうちの場合は奥さんの職業が看護士…というと『甘やかしてもらってるんだろう』と同性からよくからかわれるけど、どちらかというと逆」とか、
「奥さんは東京家付き娘で、仲良しのお母さんとキャッキャしており、お気楽というかのんきな性格」とかいう意見もあります。

 また、11才差カップルの場合は、ふたりで旅行代理店を経営しているのですが、年下の彼が社長で、彼女は営業職です。ハタから見ていると、「あ、どうしよう」「キャッ、困っちゃった」と、わりとビックリしやすい性格の彼女をドッシリと安定感のある彼がうまく支えているなぁという感じです。

12才差カップルは、同じ会社で働く上司(女性)と部下(男性)でした。彼女はとてもクールで落ち着いた性格をしているので、
「すごいな。自分も落ち着いた性格だと思ってたけど、女の人でここまでポーカーフェイスで落ち着いている人もいるんだ」
と彼のほうが先に彼女にまいってしまったそうです。

年の差カップル~私の場合~

 私は実は、年下と付き合うなんて論外と思っていたタイプなのですが、Dの外見がふけていたし、性格的にも枯れていたので(すみません)初対面のときに(この人、私の4~5才上かな)とカン違いをしてしまいました。彼の実年齢を知ったときは本当にビックリしましたが「自分が勝手に年上と思い込んでいたのだから、実際が違っていても仕方がない。人を見かけで判断しちゃいけないとはこういうことだ」と開き直ったというか、悟ったというか、そういう感じです。

周囲からはけっこう「え? ダンナさん年下なんですか」と驚かれる年の差カップルですが、当の本人たちは、そんなに年齢の先入観なく、意識もせずに付き合っていることが多いような気がします。

彼の家族はどう受け止める!?


 ただ、ふたりが結婚を決意したとき、彼のほうの家族に知らせるのがけっこうタイヘンという意見もあります。12才差カップルの場合は、
「彼に結婚しようと言われたとき『ムリだって』と私は断った。だって、絶対向こうの親に反対されると思ったから。案の定、彼が自分の親に私のことを話したら、猛反対されたみたい。ムリとはわかっていても、好きな人の親に否定されるのはキツイよね。一時は別れようかと思ったけど、彼が2年がかりで親を説得して、最後には『彼女につらく当たるなら親子の縁を切る』とまで言い出しちゃって。ようやく結婚を認めてくれた感じ」
といいます。

 しかし、そんなことはない、お互いの親から喜ばれたという意見もあるのです。

 8才差カップルの場合はというと、
「私は仕事、仕事でろくに恋愛もせずに36才になって、はじめて今のダンナさんと同棲をしたのね。そうしたら、すぐに妊娠しちゃって。どうしよう…と悩んでたら、彼が大喜びして『結婚しよう』と言い出したの。彼の両親も『息子しかいなかったから、娘がほしかったし、おまけに一緒に孫もできる』って大喜びしてくれて。うちの親に恐る恐る話すと、涙を流して『よかった、よかった』と言われました。ダンナと同じ8才年下の妹には、結婚しておめでとうじゃなくて、よかったと言われないうちに私も結婚しよう、とイヤミをいわれたけど」とのこと。

 このように、結婚より先に妊娠してしまうと、女性が年上結婚もスムーズに話がすすむのかもしれません。

年下夫のココがいい

 それでは、ここで、女性が年上の年の差カップルのいいところをピックアップしてみたいと思います。
女性が年上の年の差カップルのいいところ
●仕事上の夫の悩みがよくわかる。
●女性のほうが長生きする場合が多いので、けっきょくは同じ年くらいの感覚でやっていける。
●そもそも、夫が年下なので「男のくせに(年上のくせに)○○もできないの?」と思ったりしなくて済む。
●家事や育児に協力することに、抵抗感のない世代の男性と結婚するので生活していて気が楽。
●年上の女性と結婚するのは、年齢のような表面的なことににこだわらない、柔軟性のある性格の男性が多いらしく、頑固すぎて話を聞いてくれない、ということが少ない。

 また、ダンナさんが年下だと、
「服装とか、持ち物とか、食事するお店とか自分の世代とは違う若い子の感覚で選んでくるのでこちらも参考になる」
「好きな作家や聴いている音楽なんかも、微妙に時代が違うので、イロイロと勉強になる」という意見もあります。
 男性の場合、妻が年下で、ファッションセンスや音楽の趣味に違いがあっても、
「そういうものなのか」
と、受け流してしまう人が多いかもしれません。

 ですが、女性は好奇心旺盛で心が柔軟ですので、新しいものを自分に取り入れてしまいます。そういう意味でも、年下の男性といると新鮮なのかもしれません。

 また、こんなことをしているのは私だけかもしれませんが、
「年下のくせに、年上に生意気をいうのはよくない」といってみたり、
「男なら一家の大黒柱としてシャンとしないといけない」
といってみたり、その場の都合でどうとでも言えるというのも、年下の男性と結婚するメリットといえます…。

こだわらないタイプにオススメ!

 実際に、私の知人の男性などで、
「年上の女の人と結婚すると、えばられそうでいやだ」
「女性に優位に立たれたくない」
ということをいう人もいますが、えばりんぼうや優位に立つというのは、本人同士の性格やお互いの駆け引きの問題であって、年齢差はあまり関係ないような気がします。

 考えてみると、女性が年上カップルは、お互いにあまり年齢や仕事上の立場のことを気にかけない、こだわらないタイプの人が多いようです。

 ですので「気になる」相手がいたら、その人が年上だろうと、年下だろうと、あまり気にせずに、ぜひ接近していってほしいなと思います。そうすると、恋愛の、そして結婚のチャンスも大いに広がりますので。ぜひ、年下は眼中ない、という人も、これから眼中に入れてみてください。

まずは、気の合うお相手を探してみませんか?
  ↓   ↓   ↓


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30