忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 恋人と意見が食い違う。ささいなことで議論になってしまい、楽しくない会話になってしまう。私たち、価値観が合わないのかなぁ……。価値観が合わないと判断する前に、この話を読んでみてください。

価値観は、違っている方がいい

 結婚のメリットの一つは、チームを組むことでお互いに苦手分野を補い合えることです。だから、パートナーになる人は、自分の苦手を補ってくれる人がよいのです。当然、価値観の違う部分もあるでしょう。

 意外にも私たちが「この人とは価値観が合わない」と感じる本当の理由は、 価値観が合わないことそのものではないのです。

 私たちは、自分の価値観や信念を否定されることを内心怖れています。すると無意識に、相手を自分の意見と同じになるように、変えようとします。一例として、仕事は自分の力でするもの、という彼と、お互いに協力し合うことが大事、と考える彼女を考えてみましょう。
彼女の側からみると、彼は冷たく見えるかもしれません。
彼の側からみると、彼女は自立していないように見えるでしょう。

 こんなとき、議論して相手を説得するのは最大の間違いです。相手を変えたくなるのは、自分を否定されたくないという怖れ、弱さの表れなのです。

私は私、あなたはあなた、の心地よさ

 大事なことは、私は私、あなたはあなた、の原則を守ること。相手の考えを変えようとしないこと。逆に、相手に押されてあなたの考えを曲げる必要もありません。私は私、あなたはあなた、というお互いの違いを尊重する関係でいればよいのです。

 とは言え、相手があなたを変えようとするので苦しい。そう感じることもあるでしょう。でも、もしそう感じているなら、ちょっと待って。本当にそうなのでしょうか? 相手の方は単に、自分の意見が否定されていると感じて、一生懸命防衛しているだけかもしれません。

 そこで、こんな会話の仕方を覚えてください。

この一言が大事!

 相手が何かを言ったとき、あなたがもし違う意見を持っていても、まず、相手の意見を受け止めて「あなた(◯◯くん、△△ちゃん)は、そう思うんだね」という一言を言いましょう。

 「なんだそれだけ?」と思うかもしれませんが、実際に言ってみると会話の流れが変わることに気づくと思います。あるいは、相手の意見を否定せずに受け止めることは勇気がいると感じるかもしれません。相手のことを受け止めて、必要ならそれから自分の意見を言う。たったそれだけで、どっちが正しいかの競争から、それぞれ違う意見があっていいんだよね、という共存へと、二人の関係が変えられるのです。

 あなたが、素敵なパートナーシップに恵まれますように。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30