忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「涙は女の武器」とは昔からよく言ったものです。

「泣けば男が落ちる」なんて恋愛テクニックのようにも言われていますが、実はコレ、男性に対しては全くの逆効果である事が、イスラエルのワイツマン科学研究所チームの発表として米科学誌『サイエンス』に発表され(てしまい)ました。
 

「複数の女性ボランティアに悲しい映画を見せ、涙を採取。涙と、塩水がしみこんだシートを男性被験者24人の鼻の下に別々にはりつけると、涙のシートをつけた場合でのみ、女性の顔写真に性的魅力を感じる度合いが減った。

唾液中の男性ホルモン『テストステロン』の濃度も低下したほか、脳の活動を調べる機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)でも、性的興奮にかかわる視床下部などで活動が低下していることを確認した」

つまり女の涙で男を誘惑する事は難しいという事になりますね。

確かに意図的に泣かれると男でなくとも興ざめしますが、どうして泣いているのか、その理由によっては、同性であっても「いい女だな」と思わせる涙もあると思うのです。

泣く理由によって、涙の与える印象が変わることを分かりやすく教えてくれる、『All About』の恋愛ガイド「芳麗」さんによると、

「女の武器と言える涙は、『自分のために流した涙ではなく、彼のために、2人の関係のために流した涙』」

大切な人の体の不調や事故を心配したり、受験合格や仕事の昇格を喜んだりする時にフッとこぼれ落ちる涙ですね。

そうそう! 昨年末に世間を賑わせた「海老蔵さん事件」の時、父・團十郎さんが、「夫の惨状を見て妻の麻央は『生きててよかった』と涙を流した。いい妻をもった」とおっしゃっていました。また、夫の代わりに表舞台で陳謝する麻央さんも、気丈にふるまいながらも、目に涙が溜まっていました。いつも明るく芯の強そうな彼女が、思わず涙してしまった......。決して「女の武器」を意識して泣いた訳ではないと思いますし、この時の麻央さんを見て、人柄の美しさを感じた人も多いと思います。

逆に男を冷めさせる涙ナンバーワンは何といっても、「ケンカ中のヒステリックな涙」だそう。

男の非でケンカにいたったとしても、感情的な水かけ論を交わしたあとに、涙でその場を収めようとする女を男は嫌う」のだとか。

やはり女の涙は使いよう......と言いますか、前述の麻央さんのような、本来の純粋な涙にしか「女の武器」説は通用しないという事ですね。

さらに、その涙の頻度にも芳麗さんは言及しています。

「どんな理由で泣くにせよ、しょっちゅう泣いていたら涙の効果はないし、感情的にわーわー泣いていたら男性を怖がらせるだけ。めったに泣かない女が、ごくたまに堪えきれずにポロッと泣くからこそ、効くのだ」

と、これもまさしく、いつも明るく元気なイメージの麻央さんが見せた涙、そのものだと思います。

「涙は女の武器」とは、そもそも戦略的でなく、思わずホロリと流す事に意味されたのであって、意図的な色仕掛けとしての涙は逆効果でしかない事は、科学的に証明されちゃった......という事ですね。

麻央さんの流した涙が真の「女の武器」となり、ご主人の今後の活躍に明るい兆しを見せてくれたら、同じ女として嬉しい限りです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30