忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふられた人は、心のダメージに加えて身体で苦痛を感じるという。最新の脳活動研究によると、言葉も人に物理的な痛みを与えるらしい。

 社会的な拒絶状況が苦痛の意味を処理する脳領域ネットワークと関係する可能性は、既に実験で指摘されている。しかし、肉体的な感覚経験との具体的なつながりを示した例はまだない。

 研究チームの一員でアメリカ、ニューヨーク市にあるコロンビア大学の心理学者エドワード・スミス氏は、「実生活で失恋した人の脳をMRI(核磁気共鳴画像法)でスキャンしたら、苦痛感情と関係する脳領域の活動が活発化していた」と話す。

 スミス氏の研究チームは被験者を集めるため、マンハッタン一帯でチラシを展開した。また、「Facebook」や地域情報サイト「Craigslist」の広告を通じて告知を行い、40名の協力を得た。参加者はすべて過去6カ月以内に、不本意な恋愛関係の破局を経験している。

 研究チームは被験者の別れた恋人の写真を用意し、MRI装置で検査中に眺めて失恋時を思い出すように求めた。すると、二次体性感覚皮質と背側後部島皮質という肉体的苦痛をつかさどる脳領域が活発化することがわかった。

 スミス氏はこう話す。「拒絶体験者と未体験者を比較したわけではない。しかも研究室外の過去の行動はコントロールできないので、信頼性には問題が残る。また、失恋した人たちの間に特殊なパターンが確認されたが、別の原因によって引き起こされた可能性は常に存在する」。

 それでも、研究結果は特筆すべきものだという。「恐怖、不安、怒り、悲しみなど、さまざまな否定的な感情を対象に150回の脳スキャン実験を行ってきた。しかし、どの感情的な苦痛経験も、“望まない失恋”と同じようなパターンで肉体感覚をつかさどる脳領域を活発化させることはなかった。やはり想い人からの“拒絶”には、特別な影響力があるのだろう」。

 今回の研究成果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に3月28日付けで掲載されている。

Christine Dell'Amore for National Geographic News



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30