忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋人や配偶者など大切なパートナーに対して、絶対にやめて欲しい事があったとき、どうしますか?喫煙や飲み過ぎ、ギャンブルや浮気など、二人の生活を壊しかねないものもありますよね。ここでは、「やめてほしい」、という思いが強くなり過ぎて、逆効果になってしまうフレーズを3つご紹介しましょう。なお、ここでは女性が男性のクセをやめさせたい、というケースを想定しています)



■ その1:「どうしてそんな事するの?」
つい言ってしまいがちな言葉です。でも実は本人もどうして悪いクセをやめられないのか分からない、ということも。そんな時に、女性から上から目線でこのフレーズを言われると、カッとなって言い返したり、意地になってしまったりするかもしれません。「やめたほうがいいって自分で言ってたけど、分かっていてもなかなか難しいよね」などと、相手の意思を尊重した表現で励ましてみましょう。

■ その2:「いつになったらやめてくれるの?」
やめなければならないことは分かっていても、「いつ」という期限を決められないので、ズルズルと続けてしまっているのでしょう。「あなたの身体が(もしくは、私たちの生活が)悪くなるように思えて心配なの」などと、相手をいたわる調子で話してみましょう。

■ その3:「この間も言ったのにまだ続けてるんだ」
繰り返し言っても、また同じクセが出てしまう時も多々あるでしょう。そうすると、このフレーズを言ってしまうかもしれません。

3つのフレーズに共通することですが、男性はこうした言葉を聞くと嫌味を言われているように聞こえ、すんなり受け取ることはまずありません。また、自分の人格が否定されているように感じると、ますます意固地になってしまうので、気をつけましょう。「だいぶ回数や頻度が減ってきたね。すごく頑張ってるって分かるよ」などと、温かく褒めたり励ましたりしてみましょう。

ポイントは、男性の考え方や感じ方を頭に入れて、逆効果にならないように言葉を選ぶことです。また、女性側が感情的になってしまい、怒りをぶちまけるような調子で言うと、男性は「また怒っている」としか感じないかもしれません。相手を愛し、二人の関係を大切に思っているからこそやめて欲しい、ということを、穏やかに伝えてみましょう。そうすれば、いつかきっと気付いてくれるはずです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30