忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女性からもらったメールを読んで、「もしかして、俺のこと好き?」と感じたことはありませんか? しかしそれが、一方的な思い込みだったら、なんともみじめな話です。そこで今回は、『「メールでありがちな『男の勘違い』」について、まとめてご紹介します!


【1】アドレス交換しただけで、「俺に気がある?」と期待する。
「ノリでメアド交換しただけの男性から、『メール待ってたよ。もしかして緊張して送れなかったの?』というメールが来た。気持ち悪い」(10代女性)など、メールアドレスを教えあっただけで「気がある」と勘違いされた体験談が多く寄せられました。「『女の子とメールできる』ってだけで舞い上がっちゃう男は、みっともない」(20代女性)というように、あからさまにウキウキしている様子を見透かされないよう、少しは気を引き締めましょう。


【2】体調を気遣ってもらい、「自分だけに特別に優しい」と思い込む。
「風邪で欠勤した同僚に『大丈夫? 早く元気になって』とメールしたら、次に会ったときにわざとらしい態度を取られた」(20代女性)など、真心から体調を気遣っただけなのに、男性が深読みしてしまうケースです。「あとから『そういうつもりじゃなかった』なんて弁解するのも変だし...」(20代女性)と女性を困惑させてしまっては、その後の関係に支障を来しかねないので、自意識過剰に反応しがちな人は気をつけたほうがよさそうです。


【3】丁寧に書かれたお礼メールに「特別な感情が込められている」と誤解する。
「会社の人から旅行のお土産をいただいたので『今度パリの土産話を聞かせてくださいね』とお礼のメールを送ったら、延々とフランスのすばらしさを語り、『次回は君を連れて行きたい』と締めくくる返事が来た。重い...」(20代女性)など、単なる「お礼」を「自分への興味の表れ」だと思い込む男性は、意外と多いようです。礼儀正しい女性ほど、丁寧なお礼メールを送ってくるものだと割り切り、過度の期待を抱くのはやめておきましょう。


【4】褒め言葉を「好きという気持ちの強いアピール」だと認識する。
「話の流れで『すごい』と褒めたら、脈があると感じたのか、突然、告白された」(10代女性)、「『かわいいね』というメールが来たので、お返しに『そっちこそセンスいいよね』と送ったら、『簡単な女』みたいに思われた」(10代女性)など、ただの褒め言葉を、男性がものすごくポジティブに解釈してしまうパターンです。プラス思考は悪いことではありませんが、度が過ぎると人に迷惑をかけるおそれがあるので、ほどほどにしておきましょう。


【5】親身になって励ましてくれたのを「俺に対する愛情だ」と解釈する。
「体育祭の前日に『リレーがんばってね!』とメールした相手が、『あいつ、俺のことを好きらしい』と周囲に相談していたと知った。最悪!」(10代女性)、「就職活動がうまくいかない後輩を励ましたら、『そんなに優しいのは、自分を好きだから?』と言われた」(20代女性)など、純粋な応援に対していい気になってしまう例です。親身になってくれた女性を不愉快な気持ちにさせては失礼なので、謙虚な気持ちを忘れずにいたいものです。


【6】「遊びに行こう」という誘いを、「二人きりでのデート」だと早とちりする。
「『明日、海行くよ』というメールにノリノリで返信してきた男友達が、待ち合わせ場所に大勢いるのを見てがっかりしていた」(10代女性)、など、誘いのメールを頭から「デートだ」と確信してしまう男性は少なくありません。「いつものメンバーで行くつもりで『晩ご飯どう?』と誘ったら、『二人で?』と即レスしてきた男。彼女いるくせに!」(20代女性)というように、露骨にガツガツする男性は、いい印象を与えないので注意しましょう。


【7】「今度飲みに行きましょう」という社交辞令を真に受ける。
「取引先の男性に『そのうち飲みに行きたいですね』と送ったら、かなり高級なレストランに誘われて、まずいと思った」(30代女性)、「『本場のお好み焼きって憧れなんです!』と調子を合わせただけなのに、大阪出身の男の人から『自分が作ってあげる』としつこく迫られた」(20代女性)などの発言からわかるように、会話をスムーズに運ぶため、「社交辞令」を駆使する女性は多いものです。「本音と建前」を見極める冷静さを心がけましょう。


【8】ハートマークを「明らかな好意」と受け止める。
「ハートマークを入れると、男はすぐに勘違いする! 女の子は普通に飾りとして使うのに」(10代女性)、「友達に使うノリでハートマークを散りばめたメールを先輩に送ったら、即告白された」(20代女性)など、「ハートマーク=好意」と認識する男性は非常に多いようです。しかし深い意味はなく使われることも少なくないので、行き違いを避けるためにも、とりあえず「女性のメールのハートマークは、ただの装飾」と肝に銘じておきましょう。


身に覚えのあるエピソードはありましたか? 女性のタイプによって、ほかにもさまざまな「勘違いしてしまいそうなポイント」があると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31