忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<大>俳優、松方弘樹(68)と女優、仁科亜季子(57)の長男で俳優、仁科克基(28)と女優、多岐川裕美(59)の長女で女優、多岐川華子(22)が結婚することが5日、分かった。今年の正月に婚前旅行で訪れたグアムで来年1月に挙式を行う。2人は8年前に出会い、一昨年12月に再会。“ひと目惚れ”した克基が華子に「嫁にする!」と求愛し続け、芸能界の大型サラブレッド夫婦が誕生する。

 芸能界史上、最も華やかな二世カップルがついにゴールインする!

 克基と華子は、今年1月にツーショットを激写され、結婚前提の交際を宣言。複数の関係者によると、8月に互いの母である仁科と多岐川と4人で食事した際、正式に婚約。最初は「早すぎる」と心配していた多岐川も、2人の真剣愛に心を打たれ快諾したという。「南の島で結婚したい」と夢見ていた“花嫁” の願いを叶え、来年1月に思い出の地、グアムで挙式することになった。入籍時期は未定で、華子は妊娠しておらず、結婚後も仕事を続ける。

 1年10カ月の交際を実らせた2人の出会いは8年前。克基と多岐川が共演した舞台「風のなごり」を華子が観劇したのが赤い糸のはじまり。当時、3人で食事した時は恋に発展しなかったが、08年12月に共通の友人との食事会で偶然に再会し、運命が動き始めた。

 親しい知人によると、克基は6年ぶりに会った華子の美しさにひと目惚れ。その後、グループ交際が続き、09年春に克基から誘い、映画館で初デート。友達以上恋人未満の意識しかなかった華子に「彼女にする!」と猛アタックが始まった。

 同年8月末に華子が体調を崩した際は、一番近くで励ますなど完全サポート。自分だけでなく家族も大切にする彼の優しさに惹かれ、それ以来、2人の逢瀬が激増。芸能一家で育った環境を理解し合える唯一無二の存在として、恋人関係に発展したという。会うたび「結婚したい」「嫁にする!」と克基の男気あるプロポーズ攻勢が続き、今年の正月にはグアムから帰国するツーショットが報じられ、今度は華子が結婚を意識。電撃ゴールインとなった。

 克基は周囲に「俺より全然年下なのに礼儀正しく、考えがしっかりしているけど、わがままでかわいらしい。そのギャップが魅力」などと語っており、華子も「すべて私を中心に考えてくれる優しさがうれしい。20年、30年経っても一緒にいる姿が想像がつく」とノロけているとか。

 芸能界きっての最強DNAを持った“3世”の誕生が楽しみだ。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
女性のためのバランス恋愛術
ランキング
求 人
info top

エンジェル
ただいまキャンペーン中
コアリズム
さやかさん御用達❤
エステナードソニック
脚やせエクササイズDVD
最新CM
在宅データ入力
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28